【いつから?】高校生でアンチエイジングをしても美肌効果はあるか

biyoueki

アンチエイジングという言葉の認知度は劇的に広まるようになりました。
今では高校生でも対策をした方がいいのかと様々な化粧品を手にとっています。

結論から言うと、高校生でアンチエイジング対策をする必要はありません。

理由は、肌のハリ・キメ・ツヤを構成するコラーゲン・エラスチンが最大限に伸びるのが18~20歳の頃だからです。

二十歳までは化粧品は不要?

極論を言えば、何もしなくても肌の状態が悪くなることはありません。
専門家によっては日焼け止めすらも必要ないと言う方もいます。

ただ、現時点において既に肌荒れを起こしていたり、ニキビが顔全体に広がり痛みがひどい場合は別です。ここで前提としているのは、特に肌トラブルもなく健全な状態の方を指しています。

しかし20歳を超えると人間の肌は下降傾向になると言われています。そこからアンチエイジング対策をすればよく、別に18~20歳以前にアンチエイジング対策をしたからといって肌が悪くなることも、よくなることもありません。

でも、老化を感じてからでは遅い

アンチエイジング対策と聞くと、シワ・シミ・たるみなど老化現象が見え始めてから
「そろそろやるか~」のように始める人が多いのですが、本来は「予防」が主となります。

今の状態(プラス)を維持し続けるのと、化粧品やマッサージを利用してマイナスからプラスに転じさせるのとでは、肌にかかる負担は全く変わっていきます。
早ければ早いほどいい、が、早すぎても意味はないのです。

また20歳を過ぎたからといって、向こう30~40年間ずっとアンチエイジングに効果のある化粧品を買い続けるというのは酷です。
20代から始めるケアとしては、今の肌の状態を維持するためにまずは規則正しい生活を送り続けることからでかまいません。

「アンチエイジング」はお金をかけることが全てではないということも覚えておきましょう。

Sponsored Links

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。