お酒を飲むと美肌になる?それとも肌荒れを起こす?適度な量ってどれくらい?

お酒は昔から「百薬の長」と言われ、数ある薬の中でもお酒が最も効果があると言い伝えられてきました。

お肌に効果があると言われる所以は、血行が良くなってくすみむくみが改善すること、また抗ストレス材として心理的にいい状態になることなどが挙げられます。逆にビールや日本酒など糖質が多く含まれているものは肥満の原因、またお酒には食欲増進効果があり脂っこいものが欲しくなるため肌荒れを誘発します。

それではもっと詳しく見ていきましょう。

お酒の美肌効果

sake

くすみ改善

くすみは、酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなると、肌が色褪せ透明感が失われることによって現れます。食生活やストレス、座りっぱなしのデスクワークなど、血流が悪くなる原因は様々ですが、お酒は血管を拡張させ血流をよくする働きがあるため、血行促進効果が期待でき、くすみトラブルに効果があります。

ストレス緩和

お酒を飲むと血流がよくなり、脳に血が回ります。またアルコールの作用によって大脳の抑制機能が解放され、緊張状態が解かれます。こういった精神安定効果、ストレス緩和効果が期待でき、お酒の席では普段できない話や、腹を割った話、人間関係の友好化にもつながります。ストレスは皮脂腺に働きかけ余剰な皮脂分泌を促します。お酒でもなんでもいいですが、自分なりのストレス発散方法を持ち、決して溜めないように心がけましょう。

お酒の注意点

食べ過ぎ注意!

お酒には食欲を増進させる効果があり、塩分が多めな揚げ物などが非常に食べたくなります。またアルコールは体内のビタミンやミネラルを奪います。従って、お酒を飲む際はビタミンやミネラルを含んだ食材と一緒に楽しむようにしましょう。

特に食物繊維が不足しがちになるため生野菜のバーニャカウダなどは個人的によく食べています。揚げ物など油分の取りすぎは肌荒れの原因になりますので注意してください。

SAPPOROビールが推奨しているおつまみ例
焼き鳥、枝豆、サラダ、刺身、卵焼き、豆腐、チーズ、あさりの酒蒸し、しらすおろし

お酒の「適量」とは

お酒を飲まれる際「ほどほどに」「適量でお楽しみください」などと言われますが、一体どれくらいが「適量」なのでしょうか。

厚生労働省による「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20g程度であるとされています。(出典:国民健康づくり運動「健康日本21」)

SAPPOROビール「適正飲酒のすすめ」

SAPPOROビール「適正飲酒のすすめ」

何でも節度がありますので、お酒に関しても「飲みすぎ」は危険です。お酒で美肌になろうとは思わず、「適量」を楽しみながらお酒と共存していきましょう。

2015年3月31日 お酒を飲むと美肌になる?それとも肌荒れを起こす?適度な量ってどれくらい? はコメントを受け付けていません。 食と美容

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。