腸内をキレイにするだけで血行不良・肌荒れが治る

血液がサラサラだと肌は綺麗になる

ということは皆さん聞いたことがあると思いますが、もっと本質的なことを言うと、血液を作っているを綺麗にすると肌が綺麗になるのです。

「血液を綺麗にするにはどうしたらいいか」ということを考えると、一体何をすればいいか分かりにくいイメージがあると思いますが、「腸を綺麗にするためにはどうしたらいいか」ということを考えると、食事を変えればいいということは誰でも想定できるのではないでしょうか。

まさにその通りです。そしてそれを改善するのはヨーグルトや納豆などの発酵食品です。

 肌荒れ改善に効果的なメンズコスメランキングはこちら

腸内を整えると肌が綺麗になる仕組み

肌に栄養素を届けるパイプの役目を持つ血液を清潔にすることで、くすみや肌荒れ、ニキビ、シミなどの肌トラブルを改善することができます。逆に血液がドロドロだと、顔全体に青白い曇った印象を与えたり、あらゆる肌トラブルの原因となります。

この血液は徐々にサラサラになったり、ドロドロになったりするイメージではなく、生成された段階で既にサラサラorドロドロなのです。つまり、血液を清潔に保ちたいと思うのであれば、DHAEPAなどの「血液をサラサラにするサプリ」などではなく、日本人の腸内環境に見合った食生活を実践すればいいだけなのです。

日本人の腸内環境に見合った食生活とは

日本人の消化器官は小さくて弱い、腸に関しては細くて長いのが特長です。対して欧米人は大きくて衰えにくい、腸は太く短いと言われています。

昨今の食生活の欧米化に伴い、日本人は昔のような菜食玄米生活を捨て、まったく噛まずに胃腸に流しこめるような軟らかく脂っこいものばかり食べるようになりました。もともと日本人の消化器官は、硬く・油を使わない和食を中心にした食生活を送りながら、気の遠くなるような進化の過程を経て作られたものです。

数十年程度の歴史しかない洋食文化に耐え得る胃腸ではなく、事実、脂質類・肉類の消化は行いづらい形になっており、消化に当たっては腸内で腐敗毒素を生成し、血液をドロドロにしてしまいます。

腸内を整える・肌を綺麗にする本当の食事とは

とは言っても、この洋食文化は美味しくて・楽だから浸透した背景があります。私たちはその恩恵を十分に受けていますし、これを捨てることなどできません。余程の信念がないと「食べない」という選択肢はないと思います。

そうした方には、ヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品を積極的に摂ることを推奨します。洋食は肉や乳製品、脂質類など、日本人の胃腸では消化しにくく悪玉菌を大量に生成します。今の私たちの腸内はこの影響により、国民の3分の2以上の方が「悪玉菌優勢」だといいます。つまり便秘や軟便など、排便に関して何かしらトラブルを抱えています。

この悪玉菌を懲らしめ、善玉菌で腸内を満たす役割があるのが、発酵食品です。同じような働きがあるのが食物繊維やオリゴ糖などです。

こうした食材を積極的に摂取することが腸内環境整備に大きく働き、肌荒れやニキビの改善に役立ちます。

 肌荒れを引き起こす食べ物とは?意外な食材もランクイン

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。