脂性肌・テカリが目立つ人も保湿は必要!ケアを怠るとニキビや肌荒れの原因に

皮脂分泌が多く、肌のテカリが気になる方は多いのではないでしょうか。
そんな場合、保湿対策としての美容液を省略してしまう方、逆に何でもかんでもつけたがる方がいます。

保湿は通年に渡って必要で、また、乳液は肌質によって必要ない場合があります。

 乳液を使うとベタベタします。それでも使用しないとダメなんでしょうか

脂性肌でも保湿は必要

「保湿」とは肌の水分を保つことを意味します。
多く誤解されておりますが、化粧水には肌の水分を保湿する力はありません。化粧水には美容成分や肌へうるおいを与える力は確かにありますが、それを維持する力はありません。そのほとんどが「水」で構成されており、季節を問わず四六時中エアコンの効いた部屋にいることが多い現代社会において、乾燥を避けることはできないのです。

さらに、乳液も保湿を目的とした化粧品ではありません。乳液の目的は油分の補給です。油分を多く備えた脂性肌の方にとって乳液を使うことはリスクでしかありません。特に夏場の使用はシミやニキビを起こす原因にもなります。
 ススキンケアって何?という人がまず見るページ~化粧水・美容液・乳液の選び方

「自分は脂性肌だから…」

と、洗顔後の保湿を怠るとどうなるでしょうか。

まず、洗顔によって肌の皮脂が洗い落とされます。その後、化粧水や美容液でケアするのが一般的、油分不足の方はここで乳液やクリームを補給します。

洗顔後何もしなければ、失った皮脂・水分を補おうと皮脂腺が活発に働き出し余計にオイリーになってしまいます。
特に今の洗顔料は必要以上に皮脂を落とす作用のあるものや、油分が多く含まれ顔に油膜を張るよう構成されているものも少なくありません。今一度、自分が使っている化粧品類を確認してみてはいかがでしょうか。

 間違いだらけの男の“ゴシゴシ洗顔”を一刀両断~正しいスキンケアを学ぼう

夏場もスキンケアを怠らないこと!

summer

夏場になると、当然汗をかきます。紫外線対策もそうですが、夏は肌への疲労が溜まる一番の季節です。

しかし多くの男性は「ベタつくから」と、スキンケアをないがしろにしがちです。

温度の影響を大きく受ける毛穴は夏場に皮脂腺が活発になります。温度が高くなると毛穴も開き、黒ずみやシミの影響を大きく受けます。夏場は特に肌にとって脅威な季節であることを忘れてはなりません。

ホームケアでは、日中浴びた紫外線に対し十分なケアを行いましょう。「夏だから必要ない」のではなく、「夏だから必要」なのです。

まとめ

保湿は、季節・肌質・年代を問わず必ず必要です。

おそらく保湿と聞いて苦い顔をするのは、乳液の印象が強いからでしょう。繰り返しになりますが、乳液に保湿力はなく、ただの油です。保湿に必要なのは「保湿成分」。特に美容液から摂取することでその改善が図られるはずです。

今ではオイルフリーな化粧品も発売されており、ノンコメドジェニックと言って、ニキビの発生要因となるアクネ菌の増殖を抑える製品も発売されています。また皮脂吸収パウダーなどが配合された化粧品もあります。

しかしどれも「改善」を目的としたものではなく、その場しのぎであるものが多い為、結局化粧品に依存する生活になってしまいます。

肌トラブルの90%は、保湿成分不足と、保湿に対する大きな誤解によるものです。保湿成分を摂取し続けることで、肌体力がついていき、乾燥や、皮脂の余剰分泌を抑制することができるはずです。

 男性オールインワン化粧品を保湿力でランキング!実際に使って効果を比較

2015年3月18日 脂性肌・テカリが目立つ人も保湿は必要!ケアを怠るとニキビや肌荒れの原因に はコメントを受け付けていません。 脂性肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。