病院・皮膚科に行かずにニキビ・肌荒れを治す方法

そこら辺の大学生RYO

ニキビとか肌荒れって、本当は病院で治してもらった方がいいんだよな?でもなんつーか、「ニキビごときで」って思って、正直めんどくせーんだよな。

管理人コスメボーイ

その気持はわからんでもないが、ニキビも肌荒れも「外傷」だからな。自然治癒も間違った対処法じゃないが、一歩間違えるとニキビ跡や一生消えないシミになる可能性がある。

そこら辺の大学生RYO

そんなに深刻なのか。でも実感わかねえっつーか、行きたくないんだよ。病院とか皮膚科に行かずにニキビ・肌荒れを治す方法ってねえのか?

管理人コスメボーイ

だから「自然治癒」だよ。何もしない・触れないことで治る。しかしそれはお前無理だろ。絶対イジっちまうんだ。今回は、ニキビ・肌荒れを確実に治す方法と、今後の予防法について解説していく。

ニキビ・肌荒れを病院に行かず治す方法

majikayo

まず結論をお話すると、病院や皮膚科に行かずニキビ・肌荒れを治す方法はありません。

言い換えれば、「ニキビ用」「アクネ撃退!」「ニキビ肌の方に」と書かれた化粧品や洗顔料は全部無意味ということです。この事実に気付いていない方が非常に多く、これを伝えるために今回記事を書いたと言っても過言ではありません。

また私は医者ではありませんので「これを使えばニキビが消えます」ということも言えません。

ニキビは性別・肌質・年代を問わず、どんな人でも起こり得る皮膚病です。従って、医薬品ではない化粧品や医薬部外品でニキビを治そうと思っても無理なんです。

ニキビに対する誤解や、化粧品への過信、これらを一度整理し、「なぜニキビはできるのか?」という原因と、その対策を知れば予防・治療することができます。確実に今すぐニキビや肌荒れを治す方法は「病院に行くこと」のみです。そして、化粧品はニキビを「治す」ものではなく「予防」するもの、ということだけでも覚えていってください。

そこら辺の大学生RYO

これって本当の話か?まじで化粧品でニキビって消えないのか?だってCMとかでニキビ化粧品ばんばん流れてるじゃんか!

管理人コスメボーイ

これは本当の話だ。そのCMだって「ニキビが治る」とは一言も言ってないはずだぞ。子供のケンカみたいだが、言った言わないが薬機法では本当に重要なんだ。そして「ニキビが治る」「ニキビに効く」っていう直接表現が薬機法違反になるから使ってないんだ。

そこら辺の大学生RYO

アホらしいけど、事実は事実なんだな。今後ニキビができても無駄使いしないで済むよ。

管理人コスメボーイ

正直のところ化粧品会社も、この薬機法の間で葛藤があるようだ。実はニキビ対策になる効果をその化粧品にもたせることはできるが、広告上でそれを謳うことができないし、効果を強くしすぎると、肌が弱い人に影響が出る恐れがある。かといって安全性を追求しすぎると、水みたいな何も入ってないものになっちまうんだ。

そこら辺の大学生RYO

なんか大変だな。確かに「ニキビが消える」っていう化粧品があった場合、効かなかった人は気の毒だもんな。それに化粧品で消えちゃったら医薬品の立場もねえな。

「病院に行かずにニキビが消える方法があるのか?」
「効果が強い最新の化粧品があるのか?」

そんなことを期待してこの記事にいらっしゃった方には本当にご迷惑をおかけしました。しかし、現状セルフケアにおいてニキビや肌荒れを「自然治癒」以外の方法で治すことはできません。私としては、もっとニキビや肌荒れという症状の重度を個人の中で高めてほしいと思っています。そうすれば病院に足を運ぼうというきっかけにもなりますし、無駄な化粧品を買わなくても済むと思います。

それこそニキビ跡になってしまったら、それを消すためには10万~100万近くかかってしまうこともあります。どうか今の症状の治療・今後の予防に力を入れて下さい。

※ニキビ跡になってしまった方はこちら
>男性のニキビ跡を治す・消すための方法とおすすめの化粧水

ニキビは絶対に潰してはいけない

nikibi

ニキビを潰してはいけません。しかし、ニキビを治療するために皮膚科に行ったことがある人ならわかると思いますが、意外とあっさり潰されてしまいますよね。「はい、終わりだよ」とニキビを潰して消毒して診察終了なんてザラです。

だったら自分で潰して処理しようと考える方も多いと思いますが、ニキビは「潰すべきニキビ」と「潰してはいけないニキビ」があり、その判断が非常に難しいのです。

nikibiato

図のように、ニキビには白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビ、そしてニキビ跡と、段階を踏んで成長します。しかし、自分の目に見えて気付いたときのニキビというのは、黒ニキビか赤ニキビです。白ニキビの段階で気付けるのはマレです。そして潰して対処するニキビは黄ニキビだけなんです。

つまり、病院でニキビを潰された経験がある方は「気付くのが遅過ぎ」。ただ、白・黒・赤の段階では、脱脂剤となる薬品を塗布して、内部の皮脂やアクネ菌を浮き出させる処置をします。赤ニキビ後期と白ニキビは、もう化膿してしまい、膿ではちきれそうになっている状態です。

この段階のものは、潰して膿を放出した方が肌に優しいのです。しかし白・黒・赤(前期)のニキビは薬で対処した方が皮膚に負担がかからないので潰すべきではありません。

潰すための器具や針なども売っている時代なので、「ニキビは潰せばいいんだ!」と勘違いされるのが一番困ります。潰すのが癖になると、かなり早い段階でニキビを潰す作業に取り掛かる方がいます。潰すべき黄ニキビでさえ、潰し方を間違えるとニキビ跡になりますが、白・黒・赤ニキビも同様ですからね。むしろ白・黒・赤ニキビを無理やり潰すと90%以上の確率でニキビ跡となりますので、目先の快楽のために先走らないようにしてください。

そこら辺の大学生RYO

ははは、おれガンガン潰してたわ。だって膿がブチュって出てあの感じがなんとも言えねえんだよなぁ。それにデート前に鏡チェックした時ニキビあったら、そりゃ潰すだろ。みっともねえし。

管理人コスメボーイ

潰すなら「確実にこれは黄ニキビだ」とわかった段階で、かつ清潔な手・器具を使い、必ず消毒し、外気に触れないように絆創膏を貼れ。そこまでやらないとほぼ100%ニキビ跡になる。それができないなら病院に行け。3分で終わる。

ニキビができる原因

ニキビは必ず毛穴にできます。

それは毛穴周りの角質が何らかの要因によって固くなり(角質肥厚)、毛穴を塞いでしまい、そこにアクネ菌などの常在菌や皮脂が溜まることでニキビに成長します。

角質が厚く・固くなり毛穴を塞いでしまうことが原因なので、体質による皮脂の量は本来関係ありません。また乾燥肌の人でもニキビができるのも、皮脂腺が少ない頬にニキビができるのもこのためです。

また、アクネ菌を除去するための洗顔料は根本の解決にはなりません。むしろ常在菌としての本来の役割を崩し、かえって肌が荒れてしまうことが考えられます。

アクネ菌の餌になりにくい油分が配合された化粧品(ノンコメドジェニック)を使ったとしても、アクネ菌がその化粧品では増えにくいというだけで、詰まった毛穴の中では繁殖を繰り返しています。つまり、ニキビ対策において、アクネ菌や皮脂を落とす洗顔や化粧品を探すのではなく、なぜ毛穴周りで角質肥厚が起きているのか突き止めることが対策といえます。

化粧品を選ぶ際も、単純に「ニキビ用・アクネ用」といったものから選ぶのではなく、角質を柔軟にするもの、乾燥肌を予防する保湿成分が豊富なものから選ぶようにした方が確実です。

角質肥厚が起きる原因

角質肥厚が起きる原因は…色々ありすぎてわかりません。

角質肥厚は様々な要因が複雑に絡み合っているため一概に「コレ」という原因を挙げることができません。乾燥肌・脂性肌・敏感肌といった肌質による問題、間違ったスキンケアによって肌を硬化させてしまうことも原因の一つ。ただこうした物理的な原因は意外にも簡単にケア可能です。

スキンケアが問題ではない、内面に潜む真のニキビの原因として、「偏った食生活」「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。

偏った食生活

ニキビは食生活が最も大きな原因と言われています。

食は体内環境の変化に敏感です。当然脂っこいものを多く取ればそれだけ皮脂の分泌も多くなり、ニキビのできるスピードが早く、また大きくなることも考えられます。非常に軽視しがちな点ではありますが、病院でニキビを治療する際、必ずと言っていいほど「最近何を食べたか」と問われます。

ニキビに本気で悩んでいるという方は、一度事細かに「いつ・何を・どれくらい食べたか」最低3日分くらいを記録し傍観してみましょう。ニキビは贅沢病とも言われており、先進国特有の皮膚病です。大体の方はこの食生活に問題があるため、このように客観視してみるのが一番です。

野菜・玄米中心、水を意識的に2L以上飲む生活にすれば驚く程簡単にニキビは改善できます。

特に注意すべきものは、ケーキや菓子パン、クッキーなど白砂糖を用いた甘いものです。白砂糖はニキビを瞬時に作り出す天才と言われています。
 甘いものばかり食べるとなぜニキビや肌荒れができやすいのか

食物繊維不足・乳酸菌不足

便秘と肌荒れ・ニキビの関係性で詳しく解説していますが、日本人はおよそ70%にも及ぶ方が便秘だと言われています。

もともと日本人の食生活は、油を使わない、煮る・炊く・蒸す・茹でるといった水を中心とした食生活に菜食玄米が基本です。しかしこのような質素な和食が毎日のように食卓に並ぶという家庭の方が不自然と言われてしまうほど、私たちの食文化は変化しました。

私たちの身の回りでも「急に」、アレルギー・アトピー・加齢臭・糖尿病などが騒がれるようになったと思いませんか??自分には無関係だと思っていたことがいつの間にか身近な存在になった。これらも全て肌荒れ・ニキビ・便秘と同じく洋食文化の伝来によるものなのです。

洋食に大きく欠如している成分が、食物繊維・乳酸菌という腸内に働きかける食材です。ニキビや肌荒れが慢性的になっている、大人になっても繰り返されるという方は、是非食生活を一から見直してみましょう。

ニキビ・肌荒れQ&A

乾燥肌ですがニキビができました。なぜですか?
ニキビは肌質を選ばず発症します。乾燥肌の人はむしろ肌の乾燥を守ろうと皮脂が余剰に分泌されたり、乾燥状態は雑菌の繁殖スピードが早かったりと、肌荒れやニキビの発症リスクが実は脂性肌の方よりも高いのです。
肌荒れやニキビの人はなぜ乳液を使ってはいけないのですか?
乳液の役目は「油分を補給すること」です。油分を餌にして発達するニキビに乳液を加えるとかえって進行させてしまうことが考えられるからです。
高校生ですが、乳液やクリームを用いてきちんとケアしているのに肌が荒れました。なぜですか?
各化粧品の役割を理解して使用しましょう。また、敏感肌である可能性もあります。まず、乳液やクリームの役割は「油分の補給」です。皮脂分泌が十分に行き渡っている若い方の肌に油を塗ってもそれはアクネ菌の餌になるだけで、肌が荒れるリスクが高まります。敏感肌の方は自分の身を守る意味でもある程度成分表示を読み解く力が必要になります。香料・界面活性剤・防腐剤・増粘剤・合成成分等の効果とリスクを理解する必要があります。
ニキビができやすい人は「化粧水だけでいい」と聞きましたが本当ですか?
ニキビには水溶性であるビタミンC誘導体など、抗酸化作用を伴う成分が配合されているため効果的です。しかし、化粧水は90%以上が水分でできているので、保湿までしっかり行わなければ顔に水をかけているのと同じです。却って乾燥してしまい、肌荒れやニキビの予防にはなりません。
ビタミンCはなぜニキビや肌荒れに効果があるのですか?
ビタミンCは肌代謝を促進させ肌の酸化を防ぐ力があります。肌は放っておくと酸化して腐ります。すると肌は傷つき、菌が繁殖しやすくなってしまうのです。ビタミンCは水溶性で水に近い成分と混ざり合う性質をもち、水分割合が多い化粧水に多く含まれているのです。また、ビタミンCの特性として、食べ物として体に取り込むほか、皮膚に直接塗ることでも肌に作用をもたらすため化粧品に配合されることが多いのです。
中学生や高校生の肌にニキビができやすいのはなぜですか?
中学生から高校生にかけて、成長期であることも関係し、人生で最も男性ホルモンの分泌が活発な時期です。男性ホルモンは皮脂腺に働きかけるので、皮脂の余剰分泌が行われ、オイリーに悩まされる子が続出します。
大人でもニキビができるのはなぜですか?
ニキビは性別・肌質・年齢を問わず起こります。仕事のストレス、偏った食生活、ハードワークによる睡眠不足、なんでも考えられます。肌質によることよりも、こういった身の回りの変化に順応できず、体の中でホルモンバランスが崩れ、活性酸素が過剰に発生し、肌荒れや大人ニキビが生まれてしまうのです。
ストレス・食生活・睡眠・スキンケアの中で、肌にとって最も大切なことはなんですか?
一番重要なのは睡眠です。肌は「睡眠」によってしか再生・修復することができません。つまり、どんなに高価な化粧品を用いても一睡もしなければ肌はどんどん汚く・老け・腐っていきます。

ニキビ・肌荒れ・角質肥厚に効果がある化粧品

冒頭も解説しましたが、化粧品は医薬品ではないためニキビを治すことはできません。実際に、商品のPR文等にも「ニキビを治す」とは一言も記載されていません(薬機法上禁止されているため)。

多くの場合、「ニキビのもとに届く」「アクネ菌を寄せ付けない」などと、表現や言い方を変えて売り出しています。この世に存在するニキビ用・アクネ用と言われている化粧品の全ては予防用であるということは必ず覚えてください。

選んではいけない化粧品

繰り返しになりますが、ニキビは角質が厚く・固くなり毛穴を塞いでしまうことが原因で起こります。そしてその塞がってしまった毛穴の中で皮脂がたまり続け、常在菌のアクネ菌がそれを餌に繁殖し膨らんでニキビになります。

つまりここに更にエサ(油分)を与えるような化粧品は絶対に使用してはいけません。

具体的には、「油分の補給」がメインである乳液やクリーム。香料などに用いられる「○○油」と書かれたエッセンシャルオイル(精油)なんかも毒性があります。「植物由来の天然香料」という記載の仕方があるものはこれに当たりますので注意してください。

選ぶべき化粧品

ニキビができるまでには過程が存在します。
①まず角化異常が起き、②白ニキビができます。③炎症が進み赤ニキビとなって、④炎症部分が破裂するとその部分がニキビ跡(クレーター)になります。

大体、我々が鏡を見てニキビを認識するのは「②」と「③」の中間あたりと言われています。白ニキビは正確には白色をしておらず、白ニキビだと思ってるのは黄ニキビと呼ばれるもの。このときに初めて認識するのです。

つまり、「あ、ニキビ!」と思ったときに化粧品を使用しても意味がありません。病院に行くか、治るのを待つしか方法はありません。安全性が高いものでも、ニキビは基本的に嫌気性であるため空気に遮断された状況を好み、化粧品を塗布するだけで成長してしまいます。

しつこいようですが、「予防用」として化粧品を選ぶので、殺菌効果・抗菌効果といったものや刺激が強いものは選んではいけません。肌を正常に機能させる安全性・保湿性が高い化粧品が一番効果があります。

オールインワンフェイスジェルZIGEN

ZIGENリニューアル

私が普段予防用として使っているのがこのZIGENという化粧品ですが、特別に「ニキビ予防」として使っている意識はありません。というのも、肌に必要な成分は肌トラブル如何にかかわらず「保湿成分」であるためです。

このZIGENには保湿成分として最も効果が高く、科学的な裏付けがあるセラミドを3種類配合しています。「保湿」というシンプルなケアなので、肌質を選ばず使うことができ、季節や肌の状態によって化粧品を変える手間もありません。

そこら辺の大学生RYO

ニキビとか肌荒れってなんかめんどくせーな。そんなに気を遣わないといけないのかよ。

管理人コスメボーイ

肌荒れやニキビは贅沢病だと言われている。それを証拠に発展途上国や、菜食玄米生活をしている人間の肌はきれいだろ。食の欧米化や、社会で働く上でのストレス、学校でもイジメや進学のことに関して子供がストレスを感じる時代だ。それに肌のことを否定されると、人間はその全てを否定された気持ちになるからな。みんな必死になるさ。

そこら辺の大学生RYO

確かに肌が綺麗か汚いかで言ったら、絶対綺麗でいたいし、モテたいし…。

管理人コスメボーイ

少なくとも日本人である以上、これからニキビや肌荒れとは付き合っていかなければいけない。そのためにはなぜこの症状が起こるのか、何が原因となっているのか、どういった治療法が正しいのかマスターしておくことが重要だろ。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。