男性も無視できない更年期障害による肌荒れ!予防と対処法は

女性だけの症状と思われていた更年期障害。

近年の研究で、女性だけでなく男性の更年期障害も確認されました。
ストレスなどが大きな原因で、ホルモンバランスの崩れによりお肌への影響も無視できません。しっかり予防と対処法を確認しておきましょう。

男性の更年期障害

語弊があるかもしれませんが、男性はストレスにさらされる機会が非常に多いと感じます。主に仕事を中心とした社会的・経済的なストレス。こういったストレスによる悩みを抱えると、体が重い、ダルい、調子が上がらないといったことになるのです。

一見すると、よくありがちな症状であるため、これが更年期障害によるものだとは思われません。しかし最近の研究によって、青年期から老齢期に移り変わる間に起こる性ホルモンの分泌変化が更年期障害によるものだとわかってきました。

男性の更年期障害の症状

kounenki最も大きな原因は「男性ホルモンの低下」。これは一種の老化現象でもあるため、これまで無視されてきました。しかし、男が男らしくいられないということは、間違いなく更年期障害の現象の一つなのです。

男性ホルモンが低下することによって、まず精神面で変化が起こるようになります。うつ状態、認知症、やる気や向上心の低下、倦怠感、眠気、記憶力や集中力の低下。身体的な現象としては、ED、筋力低下、食欲低下、めまいや吐き気、疲労感、便秘、冷え性、頻尿、肌荒れなど。

特に責任感が強い人や、仕事を第一に考えている人ほど男性ホルモンの低下を起こす確率が高く、自分の時間を作ったり、規則正しい生活を取り戻すことも大切です。

更年期障害による肌荒れ

肌荒れが起きる原因は、ホルモンバランスが崩れることによって起こります。

特に男性ホルモンは皮脂腺に働きかけ皮脂の分泌を促すため、男性ホルモンが低下すれば適切な肌の代謝をすることができなくなります。乾燥肌も進行し、ターンオーバーの周期が遅れるようになります。すると肌荒れ・シミ・シワ・ハリの低下等が肌トラブルに悩まされることになります。

予防対策と対処法

十分な睡眠時間

睡眠は最低6時間以上取るようにしましょう。理由は、肌の修復・再生に関わる成長ホルモンの分泌が寝始めてから3時間の間に分泌され、その修復・再生作業に6時間かかると言われているからです。つまり、睡眠時間が6時間を下回っている人は全員肌荒れを起こす危険性を帯びているということになります。

食生活

男性ホルモンの低下を招く原因として、食生活の偏りも指摘されています。簡単に済ませられるインスタント食品や菓子パン、お菓子類や油中心の食事は避けるようにし、健康を意識した食事に変えていきましょう。具体的には、ネギ・タマネギ・ニンニク・タンパク質などは男性ホルモンの元となるテストステロンが含まれているため、積極的に摂取するようにしましょう。また、海のミルク「牡蠣」には、テストステロンを増殖させる亜鉛が豊富に含まれています。これらを組み合わせた食事が効果的です。

保湿・乾燥対策

肌が痛む物理的な原因として、これましっかり保湿ができていなかったことも挙げられます。セラミドなどの保湿成分が含んだ化粧品で肌本来の強さを取り戻すようにしましょう。

また40代以降になると急激に肌の油分が低下し、自力で皮脂を分泌することができなくなっていきます。保湿対策を施した肌の上に、乳液やクリーム等でしっかり油分補給を行うようにしましょう。

2015年3月29日 男性も無視できない更年期障害による肌荒れ!予防と対処法は はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。