【正しい洗顔方法】間違いだらけの男の“ゴシゴシ洗顔”を一刀両断

「あなたは正しい洗顔を実践していますか?」という問に対して、自信をもって「YES」と答えられるでしょうか?

洗顔方法について学校や親に教わるわけではないので、自分の洗顔方法に対して確固たる自信を持っている方はそうそういないと思います。最初に結論を言うと、「洗顔」というのはスキンケアにおいてそこまで重要なものではありません。

これはどういうことかというと、洗顔で落とすべき「汚れ」がそんなに頑固な汚れではないからです。つまり、「汚れを落とすテクニック」や「おすすめの洗顔料」というのはそんなに重要視されるべきものでもないし、男性はメイクをしないので「脂溶性の汚れ」が肌に付着しないため、洗顔がスキンケアにおいて重要性を見出さないのです。

【男性用】正しい洗顔方法

awa

まず最初に「洗顔」というのは、「洗顔料を使った洗顔」だけが洗顔ではありません。冒頭も軽く解説しましたが、男性の顔には洗顔料を使ってまで落とさなければいけない頑固な汚れは、そもそも付着していません。

例えば、普段洗顔をしていて、少しつっぱるな、乾燥するな、という経験をしたことはありませんか?それは洗顔料で汚れを落とし過ぎてしまい、皮膚を覆っている皮脂膜や天然の皮膜が失われている状態なのです。

洗顔の目的

洗顔の目的は「酸化した皮脂を洗い落とすこと」です。

皮脂の役割は、肌表面に天然の油膜を張ることで外的刺激や雑菌の侵入から肌を守ることです。

肌が乾燥すると、雑菌や紫外線などの外的刺激から身を守るため男性ホルモンが皮脂腺に働きかけ、顔面を皮脂で潤わせます。従って男らしいゴシゴシ洗顔で顔の皮脂を取りすぎると乾燥肌を引き起こし、逆に皮脂の分泌を促進させてしまいますので注意しましょう。

hoshitsuyoso

また、誤解してはいけないのが、皮脂は肌の乾燥を防ぐために必ずしも必要なものではありません。乾燥を防ぐための成分や要素はセラミドと言われる角質細胞間脂質によって保たれています。

このセラミドを主とした膜は皮脂膜の下に存在するため、皮脂を洗い落とし過ぎてしまうと、今度はこのセラミドの膜までも洗い流され、肌が乾燥したような感覚になるのです。皮脂が落とされ過ぎたから肌が乾燥しているわけではありません。

過酸化脂質

過酸化脂質とは、皮脂が酸化して腐ったものでニオイや汚れ、雑菌繁殖の原因です。過酸化脂質の驚異は恐ろしく、肌表面を物理的に汚染するだけでなく、皮膚のDNAや細胞膜まで傷つけるため必ず毎日洗い落とさなければいけないのです。

この過酸化脂質は分泌された皮脂が数時間で酸化したものです。皮脂はわずかながら肌の保湿を担う成分ではありますが、もとは「油分」なので時間が経てば酸化し、肌を傷つける成分に変わります。これを洗い流すのが洗顔の目的です。

とても驚異的な成分のように感じますが、過酸化脂質は水溶性なので基本は水洗いをベースにするだけで落とすことができます。運動等で汗を多くかいた日や化粧品の浸透力を高めたい場合には、洗顔料を使って洗うなど、日によって変えることが大切です。洗顔料を用いる際も、水洗いだけで70〜80%汚れは落ちるという理解をした上で選ぶようにしましょう。

洗顔の頻度

洗顔は、朝と夜の最低2回は実行します。しかし、洗顔料を必ず用いなければいけないわけではありません。ですから昼休みや、休憩中に顔を洗うのもOKです。水洗いが主の場合、肌を傷つけないので何度顔を洗っても構いません。

実際に私は洗顔料を使った洗顔は週に1度くらいしか行いません。ですが、「洗顔」自体は眠気覚まし代わりに1日に何度も行います。過酸化脂質は水溶性だし、男だからメイクも必要ないし、水で洗っているから肌には無刺激。

洗顔の手順

 顔全体をぬるま湯でかけ洗い

まずは顔全体を35~38度前後の体温に近い温度のぬるま湯で洗います。理由は、皮脂は体温で溶け出して代謝されるからです。従って、熱々なお湯や、キンキンに冷えた冷水で水洗いすると、皮脂膜や保湿膜が削ぎ落とされたり、毛穴がキュッと締まり、汚れをうまく落とすことができなくなります。

シャワーを使ってかけ洗いしても構いません。ただ強い水圧で流してしまうと皮膚にダメージを与えてしまいますので注意して下さい。

 洗顔料をしっかりと泡立てる

汚れが気になるときは洗顔料も併用します。しかし、洗顔料は「洗剤」ですから水分を含ませないと非常に濃い濃度の薬品になってしまいます。しっかりと水を含ませ泡立てず洗ってしまうと、皮脂膜やセラミドを含んだ保湿膜は薬品の力で溶解してしまい、洗顔後の肌はカサカサに乾燥して突っ張った感覚に陥ります。

下の写真のような、洗顔料の原液そのままの状態で擦って洗っている方も少なくないと思いますが、これは絶対にやってはいけません。

sengan

洗顔料がうまく泡立たず手のひらいっぱいに伸びてしまった状態。顔に摩擦を与えてしまい、さらに洗顔料の洗浄力が非常に強力な状態ですので、過酸化脂質以外の「必要な皮脂」まで落としてしまいます。

bulk.co.jp

bulk.co.jp

泡立たせるのが難しい場合は、泡立てネットなどを用いて、泡と手のひらが触れ合わないくらい大きく作ってください。

洗顔料は、適切な水分量と適切な空気量で泡立ち、効果が期待できるものです。

泡立てネットなら誰でも簡単に泡立てることができます。

 Tゾーン→Uゾーン・・・などの順番はあまり関係ない

最初は最も油分の分泌が多いTゾーン(額と鼻)から洗い、次にUゾーン(頬)、口周り、目元・・・というように美容本や洗顔料に付随するマニュアルには書かれていますが、あまり関係ないです。

そんな洗い方をしていたら時間がかかりすぎて、皮膚がどんどん溶けていきます。忘れがちですが、洗顔料は肌に悪いものです。なぜなら「洗剤」なので。

食器洗い洗剤だって、1時間も2時間も食器を洗っていれば手がカサカサに乾燥しひどく手荒れしてしまいますよね。洗顔料も全く同じです。そもそも水で落ちる汚れを、洗顔料を使って落とすわけですから、「とにかくスピーディーに!!」というのが最も重要。

大きな泡を作ったら、その泡に向かって顔をダイブさせ、手の平と顔が触れ合わないように、泡をクッションにして軽く転がしたら、すぐさまぬるま湯で洗い流します。すぐさまです。泡を作ってから時間にして20秒にも満たない間に洗い流しましょう。

何十秒も肌の上に洗顔料を乗せたままにしておけば、間違いなく皮脂膜や保湿膜は洗顔料の薬品の力で溶けてしまい、洗い上がりにヒリヒリしたり乾燥したりしてしまいます。

 最後まで気を抜かないで!

洗顔料をうまく泡立て、顔全体を洗顔することができたら、またぬるま湯ですすぎます。

そして、最後の最後で失敗しがちなのが、タオルでの拭き取り。せっかくここまで完璧でも、タオルでゴシゴシ拭いてしまっては目も当てられません。タオルは繊維の摩擦力がとても強いので、拭く際は顔に当て吸い取らせるようにするだけで構いません。

まとめ~洗顔は面倒くさい

ここまで読んでお分かりの通り、洗顔ってとーっても面倒ですよね。
しかし、基本は「水洗顔でOK」ということは覚えておいてください。

大事なのは“余分”な皮脂(=過酸化脂質)を落とすことです。

自分の中での洗顔料を使うタイミングは、
・汗を多くかき、肌のベタつきが気になるとき
・水洗いだけで肌の汚れが落ちていないと感じるとき
・翌日(または当日)特別なイベントがあるとき

などです。そして、なるべく化粧品のメーカーは統一するようにしてください。メーカー側も「うちの洗顔を使っている」ということを想定した化粧品開発をしていますし、相当のこだわりがない限り“あえて”異なるメーカーを使う理由は無いと思います。

そして「強い洗浄力」を謳った洗顔料を選ぶ事もなくなるかと思います。洗顔料というのはあくまで補助的なツールであると理解しておきましょう。

2016年10月22日 【正しい洗顔方法】間違いだらけの男の“ゴシゴシ洗顔”を一刀両断 はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。