深夜バイトを繰り返してできた肌荒れは化粧品では治らない?

深夜に働くことは肌にとって好まれることではありませんが、それが直接的に肌荒れやニキビ、シミなどの肌トラブルの原因にはなりません。

大きな原因は、睡眠時間が安定しないこと。言い換えれば、深夜に働いていたとしても、布団に入る時間が決まっており、睡眠の絶対時間がしっかりと確保していれば肌荒れのリスクは限りなく低くなります。

また、体質によるところではなく、生活環境の乱れによる肌荒れのため、高価な化粧品を利用して一時的に治ったとしても根本の解決とはならず再発してしまうでしょう。

肌の再生・修復は寝ることによって行われる

izakaya居酒屋・コンビニ・ファーストフード・警備、24時間営業のお店が通常になってきて、時給のいい深夜に働きに出る学生やフリーターの方も多いと思います。

「お金のため」「お店のため」「時間の有効活用」様々深夜に働く理由はあるでしょうが、余程のことがない限り生活のスタンダードは昼間であると思います。

そうすると1日のサイクルの中で、どこかで無理をしているはず。1週間単位で睡眠時間を計算すると、いわゆる普通の生活をされている方と変わらないかもしれませんが、日単位で見たとき睡眠時間も就寝時間もバラつきがあるのが特徴です。

肌というのはサイクルで動いています。そして、寝ることで初めて修復・再生が行われます。逆に、寝なければ修復・再生は行われません。

もっと言うと、就寝3時間以内に成長ホルモンが分泌され肌の修復活動が行われます。そして少なくとも就寝6時間でその修復活動が終わります。

何を言いたいかというと、1日のうちに、質のいい最初の3時間の睡眠と、最低6時間の連続した睡眠時間が確保できなければ、誰しも肌荒れを起こす可能性があるということです。

深夜に働き出ることが肌荒れの原因なのではなく、生活のリズムが狂いやすくなるために肌荒れが起きているのです。

ここまで読んでお気付きのとおり、週末に「寝溜め」をしたところで肌にとっては全く回復効果はありません。睡眠による影響は肌以外に体全体へと響き渡り、思わぬ病気を引き起こすことは言うまでもありません。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。