涙袋のたるみは見た目年齢を引き上げる原因!早急のエイジングケアを実践して

老化現象の代表格とも言える肌のたるみ

特に目元付近のたるみは老化を著しく感じさせ、印象も変わってきます。目の周りの筋肉が衰退しコラーゲンが減少していることが原因です。まだその兆候がなくても、何も対策をしなければ少なくとも30代後半から目元のたるみが現れます。

肌のピークは20歳と言われており、理論上、それ以降の方の肌は劣化に進んでいると言われています。

 男性用アンチエイジング化粧品の評価レビューを見る

涙袋・目元のたるみの原因

mayu
真皮中のコラーゲンやエラスチンなどが加齢と共に劣化し、水分やハリを保てなくなってくると重力に逆らえずたるみとなって現れます。早期発見できればもとに戻すことが可能ですが、時間が経ち肌が折りたたまれている時間が長ければ長いほど頑固なシワとしてあなたに馴染んでしまうでしょう。

特に目元のたるみ、下まぶたの皮膚が膨らんでしまって垂れている状態は、コラーゲンの減少や目元の筋肉の衰えが原因です。涙袋のたるみが現れると、クマではないのに目元に影ができてしまうため老いて見えたり、不健康な印象を相手に与えてしまいます。

しかし加齢現象であるため完全に無くすことは難しく、ある程度の許容は必要です。

目元のたるみ改善方法

 目元の筋肉を鍛える
我々は常にパソコンやスマホといった電子機器と向き合いながら生活しています。日頃肉体の強化や訓練に励んでいると思われている警察官や消防士でさえパソコンと格闘している事務作業の方が多いといいます。それぐらい今の世の中はパソコン中心であり、また目の酷使が問題となっています。画面に向き合っている間は“まばたき”を忘れ、乾燥しがちになります。また一点を集中して見ているため(もしくはキーボードと画面の上下運動のみ)、目の衰えは意識しないと防げません。時間を置いて定期的に上下左右、寄り目の運動を行うなど、ケアを実践しましょう。筋肉を取り戻すことができれば、たるみの改善につながります。

 AHA配合ピーリングで目元のコラーゲンを増やす
ピーリングを行うことで肌代謝が促進されコラーゲン量を増やすことが可能です。ピーリングは毎日行うと肌を痛める原因になりますが、ゴマージュなどのこすり付けるタイプではなく、洗い流すタイプの低刺激のピーリングであれば活性酸素を抑える強い味方となります。ピーリングアイテムを選ぶポイントとしてはAHAが配合されたものが効果的です。これは20代のうちは不要です。30代以降、肌のたるみが気になってきたころから始めるといいでしょう。

 レチノールやビタミンC誘導体配合化粧品でコラーゲンを増やす
ニキビ予防や肌荒れ予防にも効果があるビタミンC誘導体は肌の代謝を正常化し血液循環もよくするため、しわやたるみにも効果があります。またコラーゲンを増やす働きもあるため1度で2度美味しい優良な成分なのです。(ビタミンC誘導体の詳しい解説はこちら
レチノールはビタミンAの一種でもあり、真皮中のコラーゲンを増やす効果があります。ビタミンC誘導体より若干刺激が強いため健康的な20代のうちから使用するのは控えましょう。初めて使用する際はその効果に肌が驚き一時的に乾燥するかもしれませんが、使い続けることで落ち着いてきます。

 目薬を積極的に活用
目そのもののケアも忘れないでください。目薬は薬局に行くとそれこそ何を選んでいいかわからないくらいの量がありますが、オーソドックスなもので構いません。PC中心、スマホ中心となった現代においてドライアイの人が増えているといいます。そういったことを防ぐために目薬は積極的に使用するようにしてください。目薬はいくら差しても問題なく、1時間おきなど定期的に差すことを決めておくと、ドライアイの予防になります。

 目元専用のケア
目元は非常に皮膚が薄いため血行不良や乾燥、紫外線の影響を受けやすく、肌トラブルは避けて通れません。それなのにあまり知られていないのが目元専用の美容液。たるみを防止するアイテムではありませんが、目元を明るくし、見た目年齢を引き下げる効果があります。目元は人との会話で必ず見る場所ですから、こういった目元化粧品を一つ持っておくと非常に便利ですね。またホットタオルを目元に乗せ滞った血流を循環させるのも非常に効果があります。ただ取り外し後は非常に乾燥しやすくなるため保湿ケアを忘れずに行ってください。

 男性用アンチエイジング化粧品の評価レビューを見る

2015年3月25日 涙袋のたるみは見た目年齢を引き上げる原因!早急のエイジングケアを実践して はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。