ほうれい線や二重あごを男性化粧品で治すことはできる?

ほうれい線、二重顎、涙袋、実はどれも原理は同じで、その部位の脂肪を支えているコラーゲンが弱まってたるみとなっているのです。

つまり、その弾力を高めコラーゲンに働きかける化粧品を使用すれば理屈上は対策可能。しかし、もうでき上がってしまったほうれい線、二重顎などのたるみを化粧品で改善するのは非常に困難です。ヒアルロン酸・コラーゲン注入で物理的に肌をイジるしかありません。

言い方を変えれば、まだ間に合う方は今のうちにそういった化粧品を使用し続けていれば予防として今後必ず報われることを意味しています。

コラーゲンに働きかける成分を選ぶ

ほうれい線、涙袋、二重顎、これらはすべて「たるみ」の一種です。つまり、共通して同じ化粧品を使用して構いません。具体的に効果のある成分を挙げました。化粧品選びの際の参考にしてください。

 ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体には抗酸化作用、皮脂分泌抑制効果など様々な効果が期待できますが、コラーゲン生成に働きかける効果も確認されています。ビタミンC誘導体は水溶性の成分であるため、化粧水に多く含まれています。食べ物から取り入れても効果を得ることはできますが、体内で貯蓄できない成分であるため、毎日摂取することが必要となります。

 レチノール
レチノールはビタミンAの一種で、肌代謝を活性化させターンオーバーを整える美容成分です。効果を確かに実感できる一方、刺激が非常に強く、一時的に肌荒れを引き起こすこともあるといいます。若いうちから使用する化粧品ではありませんので、予防として使っていく場合には、30代以降から使用を検討してみてはいかがでしょうか。

 プラセンタエキス
コラーゲン・ヒアルロン酸といった真皮を構成する「線維芽細胞」を活性化させシワ・たるみといった予防として使用されます。その他20以上もの薬理効果・美容効果が確認されており、アンチエイジング化粧品の代表的な成分となりました。また副作用が少ないことで、エイジングケア化粧品の中では非常に珍しく敏感肌に優しい成分としても知られているのです。
 「プラセンタ専門店」が開発した男性用化粧品

2015年6月2日 ほうれい線や二重あごを男性化粧品で治すことはできる? はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。