明色化粧品薬用メンズ美顔水の口コミ・評価

こんにちはコスメボーイです。

今回レビューした男性化粧品は【明色化粧品 メンズ美顔水】です。

明白化粧品というと、100年以上前からある老舗の化粧品です。従って、先に結論をお伝えすると、使用されている成分や、使用感についても「昔ながら」といった印象を強く感じます。ですからあまり、「使い勝手」は重視されておらず、重い瓶ニオイもキツく、パッケージもいわゆる今風ではありません

ただ、ワケの分からない科学成分の配合は少ないため、シンプルケアを求めている人には良いかもしれません。

明白化粧品薬用メンズ美顔水の基本情報と特徴

mensbigansui001

 価格:580~756円(税込)
 タイプ:化粧水
 医薬部外品:◯
 内容量:80ml(1~1.5ヶ月)
 総合評価

薬用メンズ美顔水の3つの特徴

 ロングヒットと医薬部外品の安心感
明白化粧品は100年以上続く老舗の化粧品メーカーです。そして、医薬部外品の指定を受けているため、化粧品としての客観的な安全性の保証があります。これが安全であることと直結するわけではありませんが、「歴史」という観点では他のメンズコスメはまだまだ浅いため1つの目安にはなります。

 毒性は結構高い!刺激も強い!
配合成分の80%以上に毒性の判定があります。もともと配合成分が少ないので割合として多く見えるだけかもしれませんが、それでも多い部類に入ります。刺激性・毒性を伴うもので、「ヒリヒリする」「ニキビが悪化した」「肌に全く合わない」など低い評価を付ける方も多く見受けられました。

 乾燥肌対策はできない、保湿成分は無し
乾燥肌や脂性肌の原因である保湿成分不足を解消できる要素はありません。「保湿剤」は含まれていますが、「保湿成分」とは明確に異なります。保湿剤は結局、化粧品の質感を整える程度の働きしかできないので、「乾燥が守られているような気がする」だけなのです。根本的解決は不可能です。

実際に薬用メンズ美顔水を使った感想

mensbigansui002

今回はAmazonで注文。パッケージから何か懐かしい雰囲気が伝わってきます。持ち運び用や、ブランドを意識する人には少し古めかしくダサい感じがするかもしれません。

mensbigansui004

化粧品というよりも「薬」といった感じ。フタを開けた瞬間から、正露丸のような強烈に鼻の奥に刺さるニオイが感じ取れます。口コミでも「ニオイが耐えられなかった」という人がちらほらいらっしゃいましたが、これは確かに強烈です…。

mensbigansui005

使用量に関する説明では「500円硬化大」とありますが、大体4~5滴くらいでその量になります。手に乗せると更にニオイが強く感じられます。

mensbigansui0061

アップしました。油分は含まれていないのでベタつきはほぼ感じはません。ただ、塗布した印象では刺激は確かに強く、ハッカ水を浴びたような異常な清涼感を感じました。アルコールが多いので肌に馴染みやすいのは確かですが、敏感肌や、ニキビが既にあって、治しながら予防もしたいという人にはリスクが大きいと感じました。

また、酸っぱい酸味がかった汗のようなニオイが、2~3時間肌の上に残り続けます。「ニオイに耐えられない」という口コミの意味が分かりました。ちなみに女性用の方がこのニオイは更に強いらしいので注意して下さい。

全成分表示

mensbigansui007

【有効成分】
サリチル酸、感光素201
【その他の成分】
ゲラニオール変性アルコール、PG、DL-PCA・Na液、香料

出典:明色化粧品

全成分は他の化粧品に比べて非常にシンプルではありますが、「DL-PCA・Na液」以外は全て毒性判定がある成分です。

メンズ美顔水は使う価値があるの?

正直、なぜここまで評価されているのかはあまり理解できませんでした。毒性判定がある成分は「安全性が確認されている」と言っている人もいますが、実際、これを使って肌が荒れている人や、刺激の強さを訴える人もいますね。

確かに、歴史があって長く愛されていると評価することもできますが、古い思考に凝り固まって進歩できていないと言うこともできます。そんなにお金がかかる成分配合でもありませんし、使うことによる大きな効果は期待しないほうがいいかもしれません。

2016年5月23日 明色化粧品「メンズ美顔水」って実際どう?口コミでは評価が高いけど はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。