多汗・肌荒れ・ニキビ予防には夏野菜の摂取が効果的

汗っかきの方の特徴は体に熱がこもりやすいこと。肥満もその一つとしてあげられますが、体の内側に熱を持ってしまうと、焦げついた体臭を放ったり、血流が悪くなり肌荒れやニキビを起こしやすくなります。

そうした場合には、生の葉物野菜やキノコ類、海草、生野菜、果物がオススメです。汗をかくのは上昇した体の温度を下げるために行われるため、内側から心地よく冷却してあげることで肌を健康的に保つことができるのです。

 夏のスキンケアで人気のメンズコスメランキングを発表

ポリフェノールを含んだ夏野菜は効果抜群

summer

特に体を冷やしてくれる効果があるのは、ナスやウリなどの夏野菜です。きゅうり・ナス・オクラ・トマト・ゴーヤなどは体の熱を外に逃がし、腸内環境を整えてくれます。

これに塩をまぶして摂取することで多汗症を防止する効果もあるといいます。ミネラルやマグネシウムが脂質を代謝し、血流を良くする効果があるのです。腸内の腐敗を防止し、汗ばむ季節には体臭予防ともなるため非常におすすめです。

水分補給は体を冷やす効果はない

野菜ではなく、水分補給ではダメなのか?

こうした疑問が起きても不思議ではありません。もちろんOKです。ただ、夏野菜のように胃腸に残って熱を発散してくれたり、腸内をきれいにしてくれる効果がないため持続性が弱いというデメリットが付きまとうのです。

また暑いからといって一気に水分をドカ飲みしてしまうと、内臓器官に負担がかかり、他の栄養素も一緒に流れてしまいます。冷たすぎるものや、飲む量が多いと尿が黄色いはずです。これは他の栄養素が流れてしまっている証拠。(逆に夏バテによって水分ばかりの食生活になってしまうと、尿が透明な場合もあります)

水分補給と夏野菜による体内の冷却効果は論点が違うため、飲み方には十分注意してください。また水道水ばかり飲んでいると電解質などの栄養が不足し足がつってしまったりすることもあります。ミネラルウォーターやスポーツドリンクを飲むように心がけてください。

夏野菜を食べるときの注意点

夏野菜の効果が得られるのは夏のみです。肌寒くなってきたら普段の食生活に戻してください。これは体をほどよく冷やすことを目的にした方法であり、特別に栄養を摂ることを目的にした方法ではありません。

秋以降は鍋などで野菜を摂るようにして、逆に体を冷やさないよう工夫した食事の摂取がポイントになります。

2015年7月17日 多汗・肌荒れ・ニキビ予防には夏野菜の摂取が効果的 はコメントを受け付けていません。 食と美容

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。