夏の肌荒れは汗拭きシートが原因?男性用制汗剤の間違った使用方法

夏場の肌の敵は紫外線だけではありません。
もっと身近な存在である、自分が放出した「汗」や「皮脂」が肌荒れの原因になっていることもあるのです。

汗は汗腺から放出し、皮脂は皮脂腺から分泌します。汗は99%が水分であるため、そのほとんどは無害です。ただ、温度が高くなると毛穴も開きやすくなり、皮脂も大量に分泌されます。皮脂は数時間足らずで腐り、過酸化脂質に変わり、肌荒れの原因となるのです。

 男性化粧品・メンズコスメランキングBEST5を見る

夏場の汗対策

summer

汗っかきな人もそうでない人も、夏に一滴も汗をかかない人はいないと思います。

汗にはアンモニアや塩分・ミネラルが含まれ、99%が「水」だと言われています。通常無色・無菌ですが、現代人は夏場以外でほとんど汗をかく習慣がありません。そういった方が夏に一気にかく汗はいわゆる「悪性の汗」として発汗され、肌の上の常在菌と反応し菌が増殖します。これはアンモニアが皮膚表面と反応しアルカリ化する作用があるため、雑菌の繁殖を促しているのです。

菌の増殖はニオイや肌荒れの原因となるため、日中は制汗シート等で肌に汗を残さないケアが重要となってきます。

ホームケアは通常通り行いましょう。「夏場は乾燥しないからスキンケアは必要ない」という方をよく見ますが、これは間違い。夏場は紫外線など肌にとって最も物理的な不可がかかる季節。化粧水・美容液等の保湿ケアは必ず行い、クールダウンに努めましょう。

また、紫外線を浴びることで肌が硬化し黒ずみを引き起こします。1週間に1度のピーリングも夏場は行うようにしましょう。

制汗シートのゴシゴシ禁止!

ase

高校生や大学生で、制汗シートをゴシゴシと拭いているのをよく見ます。
あれは絶対にやってはいけません。

確かに気持ちよくていいでしょうが、肌に負担がかかり、皮脂を根こそぎ持って行っているため、あれでは余計に皮脂の分泌が行われてしまいます。同じようにタオルでこまめに顔を拭くのもNG。女性であればやりがちでしょうが、タオルやハンカチの場合、繊維がとても荒いため肌を傷つけてしまいます。また潤いがなくなったと肌が勘違いしてしまうため、皮脂の余剰分泌、発汗が行われてしまいます。基本は押し拭きです。

更に制汗シートはしっかり汗を拭き取った上に使用しましょう。制汗剤と言われるものには、汗腺を塞ぐ効果があります。よって、少なからず肌に負担がかかるものだということを理解しておきましょう。黒ずみや肌荒れの原因にもなりますので、あまりに効果が高い制汗剤は使用を控えめにすることをおすすめします。

2015年3月18日 夏の肌荒れは汗拭きシートが原因?男性用制汗剤の間違った使用方法 はコメントを受け付けていません。 ニキビ・肌荒れの方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。