夏のスキンケアの基本を伝授~紫外線対策しながら肌も焼きたい人用

だんだんと暖かくなってきました。
待ち遠しかった気持ちもありますが、肌にとっては試練の季節が到来。
でも、こんがり気持ちよく肌も焼きたいというのが本音。

肌にかける負担を最小限に抑え、同時にスキンケアもしっかり行っていきましょう。

紫外線予防対策

まず第一に肌から守らなければならないのは紫外線。
紫外線には「A波」と「B波」があります。

紫外線A波(UV-A)

紫外線A波はガラスを透過する力があり、肌の真皮にまで到達します。長い年月をかけ肌の弾力・ハリを奪い、老化を招きます。「1年中紫外線対策をしなくてはならない」とか、「曇りの日でも日焼け止めを塗ること」と言われているのは、一般的に紫外線A波の対策を指しています。実際に日焼けしていなくても、肌の内部は傷ついているのです。

紫外線B波(UV-B)

対して紫外線B波は、ガラスを投下する力はありません。太陽の力で肌の表面を焼き付け、メラノサイトを活性化させシミの元であるメラニンを増殖させる働きがあります。紫外線B波に弱い肌の人はうまくメラニンを増殖させることができないため、真っ赤に腫れ上がったように焼けてしまったりすることが多く見受けられます。ただ、真皮にまでは到達しないため、日焼けによって出来たシミは適切なターンオーバーによって肌は生まれ変わります。

実は「C波(UV-C)」っていうのもあります

紫外線は波長によって区分されており、A・B・Cの順で波長が強くなっていき、地上に届いている紫外線の9割はA波です。B波はA波の1000倍の力がありますが、そのほとんどがオゾン層でブロックされ地上には届きません。そしてそれを上回る紫外線C波は、地球上の生物を全て干上がらせる程の威力を持っていますが、オゾン層で全てブロックしており非常に波長が短いため地上に到達することはありません。

A波を「生活紫外線」、B波を「リゾート紫外線」などと呼びます。

もっとわかりやすく言うと、A波は「ジャブ」、B波は「右ストレート」
…わかりにくいですか(笑)

無リスクで肌を小麦色にする方法

こういったサイトを運営している以上、日焼けを推奨するわけにはいきません。
どんなに日焼け止めを塗っても、サンオイルを塗って正しく日焼けをしたとしても、肌には少なからず負担がかかっていることは間違いありません。

それでも「焼きたい」という人にうってつけなのは
「セルフタンニング」

hiyake

日焼けによる小麦肌は、体の引き締め効果がありとてもスリムに見えることから、多くの方が心の中では「焼きたい!」と思っているのです。しかし、冒頭お伝えした紫外線のリスクが非常に高いことから、今では堂々と日焼けを楽しむようなことはできなくなってきてしまいました。

しかしこのように、医師も推薦しているセルフタンニングであれば、紫外線リスクは「ゼロ」で小麦肌を実践でき、メラニンの増殖・シミの不安もありません。もちろんセルフタンニングを行っている肌の上から日焼け止めを塗ることも可能。一度塗ったら、大体1~2週間の肌のターンオーバーに合わせてキレイに元に戻るのがセルフタンニングの特徴です。

2015年3月12日 夏のスキンケアの基本を伝授~紫外線対策しながら肌も焼きたい人用 はコメントを受け付けていません。 紫外線対策はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。