固形石鹸の洗顔は肌荒れやニキビを起こす?肌に悪いという噂は本当か

「固形石鹸で顔を洗うと、皮脂を落としすぎてしまうため肌に悪い」

という噂を聞いたことがあると思います。結論から言うと、固形石鹸であろうと、ドラッグストアやドンキで売っているような市販の洗顔フォームであろうと対して変わりません。

大事なのは泡立て方法や洗い方、その後のアフターケアです。むしろ洗顔フォームより固形石鹸の方が余分な油分や合成成分を含んでいないため、安全性は高いと評価できます。

洗顔の本来の役割

awa

洗顔の目的は過酸化脂質を落とすことです。

過酸化脂質とは、分泌された皮脂が酸化したもので、肌荒れやシミ、ニキビなどの原因となる悪性の物質です。1日でもお風呂に入らないと体から酸っぱい臭いがしたりしますが、これも過酸化脂質の影響です。皮脂は分泌されて数時間で酸化してしまうため、必ず毎日洗顔を行うようにしてください。

そしてこの過酸化脂質は水溶性の成分であるため、水溶性の汚れを落とすことが得意な固形石鹸においてはむしろ都合がいいのです。

「皮脂が落とされすぎてしまうためよくない」と言われても、むしろ皮脂には体にメリットを与えるような役割がほとんどありませんのでさほど心配しなくても問題ないでしょう。

「皮脂には保湿の役目があるのでは?」と感じられた方は、是非「乾燥対策化粧品で見なければいけないポイント」という記事をご覧ください。私たちの肌が保湿されているのは皮膚表面の保湿膜の働きのおかげで、皮脂のおかげではありません。

洗顔料を選ぶときのポイント

洗顔料は結局、固形石鹸でも洗顔フォームでもどちらでも構いませんが、固形石鹸の方が安全性は高く、また安いということは覚えておいてください。固形石鹸を選ばれた場合、何も考えずシンプルなものでOKです。変に凝ってしまうと、また余分な油分が含まれていたり、香料が入っていたりするためです。

乾燥肌の方が気をつける洗顔のコツという記事でも解説している通り、洗顔時はよく泡立てて・優しく実行し、最後は必ず保湿化粧品で保湿をしてください。

保湿膜は日中の紫外線や外気の影響で傷付いているため、洗顔後のアフターケアは必ず必要です。

2015年8月24日 固形石鹸の洗顔は肌荒れやニキビを起こす?肌に悪いという噂は本当か はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。