洋服の化学繊維による活性酸素が肌荒れの原因だった

衣服によって肌が荒れたり、チクチク感じたりするのは、単に自分の肌が敏感で神経質だからというわけではなく、明確に理由があります。

「着心地」というのは肌荒れやスキンケアのことを考えた上ではとても重要な要素であり、繊維素材なんて見たことがないという方もこれからは是非一度目を通すようにしてほしいと思います。人によって化粧品の合う合わないがあるように繊維素材についても同様なのです。

 肌荒れ改善のメンズコスメランキングを見る

化学繊維が肌荒れの原因だった

yofuku

なぜ化学繊維の衣類が肌に悪いのか。

化学繊維は軽くて乾きやすいという反面、ナイロンやポリエステルは吸水性が少なくて衣類の中が蒸れやすい、静電気が発生しやすいというデメリットがあるのです。

静電気といえど馬鹿にはなりません。コットンで化粧水を肌になじませるだけでも皮膚が傷つくと言われているのですから、電気がパチパチと感じるということは皮膚が燃えていることを意味しています。

また静電気は「静電誘導」といってチリやホコリ、雑菌などを引き寄せる力があるため体中がゴミだらけになります。皮膚は常在菌がこのような雑菌の侵入を防ぐ働きをしてくれていますが、自らそれを作り出す環境を身に纏っては全く効果がなくなります。

特に女性は合成素材でできた下着やナプキン、ストッキングなどを身に付けるため女性器の粘膜の皮膚炎や膀胱炎に悩まされる方が多いのです。男性でもデザイン重視でボクサーパンツを履いている方がたくさんいらっしゃいますが、今後は素材についても確認するようにした方がいいでしょう。

肌に優しい素材とは

麻や木綿、絹などの天然素材で衣類を選ぶようにしましょう。妙な抗菌加工・漂白加工・蛍光材が使われたものは経皮毒として肌荒れを起こす原因となります。

布団を干すと太陽の香りがして肌心地がいいと感じるのは気のせいではありません。太陽の光を浴びた天然素材は肌にとっても効果が高く、素材からすでに消臭効果を備えているのです。実際に値段が張るのは天然の繊維ですが、敏感肌の方は「体の一部」と思って衣類を購入するようにしましょう。

これは帽子やマスクについても言えることです。特にマスクは冬場や花粉の季節に必需品となりますが、安さ重視でマスクを選んでしまうと花粉を守れても、蒸れた環境や雑菌温床の中で肌荒れやニキビを起こしてしまったら一体何から体を守っているのかわからなくなります。

 肌荒れ・ニキビ用メンズ化粧品の比較検証ページはこちら

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。