「乾燥がひどい時はクリームだけ」は正しいスキンケアと言えるのか?

uruoi2

肌の乾燥がどうにも治らないというとき、何をすればいいのか。
よく「低刺激のクリームだけを塗って様子を見ること」と紹介されたりしますが、それが正しいスキンケアと言えるのでしょうか。

例えば、クリームというのは、マヨネーズと一緒で、水分と油分という本来混ざり合わないもの界面活性剤(卵の黄身)を使用してクリーム状にしています。つまり界面活性剤については必須で、市販のクリームにはそれ以外にも多数のポリマーや合成成分がわんさか配合されています。

正直言ってクリームの中から安全なものは見つけられないというのが実情です。クリームではなく、安全性に富んだ油分控えめの化粧品の方がいいのではないでしょうか。

乾燥が治らない原因を探る

何をしても乾燥がおさまらないのは、肌が乾燥によって硬くなってしまっているからです。角質を柔軟にする効果があるパックやピーリングを用いることも対策の一つです。

その際、パックについては低刺激で保湿成分中心のシートマスク。
ピーリングは洗い流すことができる無香料のジェル状ピーリングがオススメです。

 洗顔方法を見直す
ゴシゴシと力強く洗顔を行っていないでしょうか?肌の乾燥の多くは「洗い過ぎ」が原因で起きています。洗顔は過酸化脂質という、余分な皮脂だけを落とせばいいのです。必要な皮脂まで落としてしまうと肌が乾燥しやすくなってしまいます。
 間違いだらけの男の“ゴシゴシ洗顔”を一刀両断~正しいスキンケアを学ぼう

 保湿対策、乾燥対策に必要なのは「保湿成分」
当たり前ですが、保湿成分以外で保湿することはできません。要するに、乳液やクリームといった油分を補給することを目的とした化粧品で肌の乾燥を防ぐことはできないのです。必ずセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が配合された化粧品から選ぶようにしてください。
 男性化粧品を「保湿力」で比較検証したまとめ

 殺菌・洗浄・抗菌・防腐といった効能を持つ化粧品を使っていなかったか
あまりに肌が「清潔すぎる」と、常在菌がうまく機能しなくなりかえって雑菌が繁殖してしまいます。常在菌のうちアクネ菌は確かにニキビの原因ではありますが、雑菌繁殖を抑え肌のPh値を調整する働きがあるのです。「洗い過ぎ」にも通づる話ではありますが、常在菌と共存することも美肌を維持する秘訣です。

 睡眠時間は確保できているか
「生活改善」と一言で言ってしまうと何から始めればいいのかわからないと思いますが、睡眠については確実に6時間以上確保することを目標としてください。肌の代謝は睡眠によってのみ行われます。肌の修復・再生は成長ホルモンによって行われますが、その成長ホルモンの分泌は寝始めの3時間の間に分泌され、およそ3時間でその修復活動が終了します。言い換えれば、6時間以上の睡眠を確保できなければ、確実に肌は劣化するということなのです。

まとめ

「低刺激なクリーム」と簡単に説明されていますが、「低刺激なクリームなど無い」と言っても過言ではありません。乾燥肌対策には、上記のような最低限できることを実践し、それでも肌質が改善しない場合は皮膚科医に行かれるべきです。

肌が乾燥するのは、肌に水分が足りておらず、そしてそれを吸着する保湿成分が不足していることが原因です。クリームなどの油分では保湿はできません。

 男性用保湿化粧品で最も売れているメンズコスメはこちら

2015年6月1日 「乾燥がひどい時はクリームだけ」は正しいスキンケアと言えるのか? はコメントを受け付けていません。 乾燥肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。