LUCIDO(ルシード)薬用フェイスケアスキンクリームの評価・クチコミを検証

LUCIDO(ルシード)薬用フェイスケアスキンクリーム

lucido-kr 価格:1,080円(最安値Amazon:898円)
 タイプ:クリーム
 形状:クリーム
 総合評価

「40歳からの肌荒れケアに」とありますが、肌荒れやニキビは嫌気性です。つまりクリームなどの外気から遮断させる成分は本来好ましくありません。こちらの製品の用途としては、同ブランドから出されている「フェイスケア化粧水」「フェイスケア乳液」でなお乾燥が防げない場合に用いるといいでしょう。クリーム単品でのケアは不向きです。

 

 乾燥肌対策としての効果
同ブランドの「フェイスケア乳液」を使ってもなお乾燥が防げない方は、こちらのクリームを使用して油分を補給してください。クリームの役目は「油分の補給」です。その前段階で化粧水・美容液・乳液等を用いて保湿成分を補給することで乾燥対策となります。クリームだけで乾燥が防げるわけではありません。乾燥対策用の男性化粧品ランキングはこちらを参考にしてください。

 オイリー肌対策としての効果
クリームの役割は「油分の補給」ですので、オイリーの方がわざわざ油分を補給する必要はありません。肌荒れやニキビを誘発(あるいは悪化)させてしまう可能性があります。

 肌荒れ・ニキビ対策としての効果
「40歳からの肌荒れケアに」とありますが、やるべきではありません。40代も20代も、肌荒れやニキビができる過程は一緒です。当然治療法も同じです。肌荒れやニキビに乳液やクリームが御法度なのは20代の子らは誰でも知っていることです。40代になったらいきなりクリームOKになることはありません。

 値段
LUCIDOシリーズで全て揃えた場合の合計は、化粧水(1,080円)+乳液(1,080円)+クリーム(1,080円)=3,240円です。男性化粧品をコスパで比較検証した場合、ほぼ相場通りで、価格と効果も見合っていると思います。内容量は2ヶ月分で1ヶ月にかかるコストは1,620円です。

 安全性・副作用
防腐剤フリーで医薬部外品の指定も受けていますので、一定以上の安全性は確保されています。ただ、クリームの使用目的は「油分の補給」です。油分の分泌が足りている人が使用すれば肌は荒れますので、それは副作用ではありませんから商品を恨まないようにしてください。

 クリームとしての総合評価
アンチエイジング効果の高いコエンザイムQ10(ユビデカレノン)を配合し、またクリームらしからぬ浸透力の高さがあり、ベタつきも感じにくい化粧品です。私は敏感肌で乾燥肌ですが、多少メントールの刺激を感じ、ヒリヒリしました。焼けるような感覚に襲われる化粧品にたまにめぐりあいますが、そこまでの感覚ではありません。

全成分表示

【有効成分】トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
【その他成分】 精製水、1,3-ブチレングリコール、エタノール、パルミチン酸イソプロピル、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、デカメチルシクロペンタシロキサン、ステアリルアルコール、セタノール、モノステアリン酸ソルビタン、(アジピン酸・2-エチルヘキサン酸・ステアリン酸)グリセリルオリゴエステル、モノステアリン酸ポリグリセリル、ポリエチレングリコール20000、ポリエチレングリコール1500、パルミチン酸セチル、1,2-オクタンジオール、カルボキシビニルポリマー、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、水酸化カリウム、メチルポリシロキサン、l-メントール、エデト酸二ナトリウム、l-メンチルグリセリルエーテル、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、亜硫酸水素ナトリウム、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ポリエチレングリコール、L-アスコルビン酸2-グルコシド、ユビデカレノン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アロエエキス(2)

出典:マンダム

どんな人が使用するべきか?

  • LUCIDO(ルシード)薬用フェイスケア化粧水、乳液を使用してもなお乾燥を感じる方
  • 安全性の高いメンズのクリーム化粧品を探していた方

 迷ったらこちら メンズ化粧品比較検証ページ
hikaku00

2015年5月5日 LUCIDO(ルシード)薬用フェイスケアスキンクリームの評価・クチコミを検証 はコメントを受け付けていません。 ルシード/LUCIDO

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。