男性用洗顔で固形石鹸を選ぶ注意点!「石鹸ベース洗顔」が最も安全で泡立ち不足の危険性を解消できる

洗顔料を選ぶポイントは「洗浄力」で選ぶようにしましょう。理由は化粧水・美容液による浸透成分の効果を高めるためです。従って「しっとり系」「化粧水いらず」といった洗顔料はあまり好ましくありません。これは洗顔料自体に油分が配合されており、薄い油膜が肌を覆って「しっとり」「もちもち」と感じるだけなのです。

そうなってくると、選ぶ際に最も効果大なのは固形石鹸ということになります。洗浄力に優れ、皮脂をオフすることができます。よく「皮脂を取りすぎると肌に悪い」と言われますが、皮脂が残っている状態の上に化粧水や美容液を使うと効果が半減してしまいます。しっかり保湿を行うことで皮脂の役目であるバリア機能は補うことができるため問題ありません。

ただ固形石鹸も注意が必要です。固形石鹸は泡立てに時間がかかり、しっかり泡立てなければ洗浄濃度が非常に高くなります。「洗浄濃度が高い=洗浄力がある」というわけではありません。食器を洗う際も、洗剤を垂らして適量の水分と空気を含ませなければ汚れは落とせませんよね。単に刺激が強いだけの状態を使用すれば敏感肌の方だと赤く腫れ上がる危険も伴います。

固形石鹸の場合はその加減が難しく、泡立不足で肌と手が触れてしまうことの摩擦が懸念されるため顔面デッドボールは使用していません。使用しているのは「石鹸ベース」の洗顔料です。

石鹸ベース洗顔の利点

石鹸ベース洗顔は、その名のとおり石鹸を基礎とした洗顔フォームです。洗顔フォームの場合その多くは油分を肌に残す仕組みになっていますが、石鹸ベースになれば油膜が残りません。また多くの低刺激洗浄成分を配合することが可能になります。もちろんしっかりと泡立てることは言うまでもありませんが、残念ながら洗浄力は固形石鹸より劣ります。ただ毎日使用するものなので、刺激を伴うものはできるだけ排除し、安全に綺麗に洗顔をするという目的のもとでは石鹸ベース洗顔が最も効率的ではないでしょうか。

石鹸ベース洗顔ZIGEN

男性用で石鹸ベースの洗顔であればZIGENがいいでしょう。オールインワンのスキンケアアイテムも付属しており、一貫ケアが可能です。

ichiranPic07▲ZIGENの効果詳細はこちら

こんにゃく成分「マンナン」が皮脂汚れを落とす

manan非常に泡立ちがよく、皮脂を落とす洗浄力については文句なし。こんにゃく成分「マンナン」がスクラブの粒で配合されており、これが汚れを落とす仕組みになっています。スクラブは汚れを落とすのに効果がありますが、同時に肌に刺激を与える危険性も指摘されてきました。それを解消するため、女性用の洗顔料で超低刺激なマンナンを使ったスクラブが流行しだしました。これを男性用の洗顔料に取り込み始めたのはZIGENが初。毛穴汚れを吸収してキャッチしますが、固形石鹸ではできない技術ですね。

洗顔料と化粧品は同一ブランドを使用

このZIGENも同様ですが、洗顔料と洗顔後に使用する化粧品とは同一するといいでしょう。スキンケアのバイブル「正しいスキンケア事典」において元化粧品開発者の岡部美代治氏が次のように解説しています。

化粧品はすべて同じブランドで揃えたほうがいいのですか?
できるだけ同じブランドで揃えたほうがいいでしょう。化粧品は薬事法に基づき製作されていて、基本的にはどの化粧品の組み合わせで使用しても問題はありません。しかし、メーカーが努力して、最もよい組み合わせで作り上げるのが同じブランドのラインですから浸透感や使い心地もより効果を実感できるはず。(出典:正しいスキンケア事典)
2015年3月27日 男性用洗顔で固形石鹸を選ぶ注意点!「石鹸ベース洗顔」が最も安全で泡立ち不足の危険性を解消できる はコメントを受け付けていません。 ZIGEN スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。