メンズビオレ浸透化粧水UVミルキータイプの評価・口コミを検証

こんにちはコスメボーイです。

今回レビューした化粧品は【メンズビオレ 浸透化粧水 UVミルキータイプ】です。

メンズビオレというと、花王が製作している化粧品になりますのでかなり有名ですが、「有名=効果が高い」というわけではありませんからね。厳しく、平等に効果の程を検証していこうと思います。

メンズビオレ浸透化粧水UVミルキータイプの基本情報

P1020654

 定価:652円
 タイプ:化粧水+日焼け止め
 形状:液状
 化粧水としての評価
 日焼け止めとしての評価

化粧水と日焼け止めの複合化粧品として売り出していますが、基本的には「日焼け止め」として理解して購入すべきです。配合成分を見れば分かりますが、化粧水としての要素はほとんどありません。

「化粧水と日焼け止めが一緒になっているなんて便利だなあ」

と思って購入すると、かえって肌を傷付けることにもなりかねませんので気を付けてください。

この化粧品は「日焼け止め」です

P1020656

すごく誤解が多そう(というか、メーカーが誤解を生ませるような記述をしている)なのですが、こちらの化粧品は「日焼け止め」として、明確に区別して活用すべきです。

写真の通り、「化粧水」と呼ぶにはふさわしくないクリーム具合。加えて、全成分を見ても化粧水に含まれるような成分がほとんど含まれておらず、毒性が多い成分でうめつくされています。

P1020655

【全成分表示】
水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エタノール、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ジメチコン、ヒアルロン酸Na、BG、キシリトール、アスナロエキス、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、(メタクリル酸ラウリル/メタクリル酸Na)クロスポリマー、水酸化K、EDTA-2Na、BHT、フェノキシエタノール、香料

出典:花王株式会社HPより

日焼け止めは肌に悪いものです

日焼け止めは、紫外線から肌を守るものです。これは、決して「肌に良いもの」という意味ではありません。

この世に「肌に良い日焼け止め」は存在せず、全て「肌に悪いもの」です。ではなぜ肌に塗るのかというと、紫外線によるダメージと天秤にかけたとき、後者の方がリスクが大きいからです。

何が言いたいかというと、この商品のように、日常的に使用する化粧水と日焼け止めを一緒にするような化粧品は、スキンケアのアイテムとしては適さないということ。

特にスキンケアに無知な男性ですと、お風呂あがりや、特に外出(紫外線を浴びる)予定もないのに、「便利だから」という理由だけで使用してしまいがちです。「後は寝るだけ!」というお風呂あがりにわざわざ日焼け止めを塗る人はいませんよね。

むしろ日焼け止めとしての評価は高い

紫外線の防御指数はSPF30PA+++です。数値の見方についてはこちらを参照してください。

日本にいる以上はSPF10~30でPA++で十分と言われていて、特に日焼け止めとしてはちょうどいい数値で使いやすいです。また「化粧水」と売り出すだけあって、肌に馴染みやすく、普通の日焼け止めよりも粉浮きや油のテカリなどの心配がありません。

ニオイも日焼け止め特有のニオイというより、ニベアらしい爽やかな、レモンのような香りがします。「化粧水+日焼け止め」ではなく、「日焼け止め」としてこの化粧品を評価した場合、非常に使いやすくリーズナブルだと思いました。

⇒2016年メンズ日焼け止めのランキングを見る

2016年5月5日 メンズビオレ浸透化粧水UVミルキータイプの評価・口コミを検証 はコメントを受け付けていません。 メンズビオレ/Men's Biore

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。