市販のピーリングゲルで美白になることはある?

skincare

100%ありません。

美白化粧品と呼ばれているものの全ては「予防」を目的としたものであり、マイナスからプラスへ働きかけ化粧品が作用することはほとんど期待できません。

アンチエイジング化粧品や美白化粧品は、シミやシワができる「前」から使っていき、必ず起こる症状の発生を遅らせるものなのです。

加えてピーリングは、肌代謝を高めることが目的であって美白を目的とした化粧品ではありません。それを謳ったものがあっても、それはシミやくすみといった症状に対する「予防」を、言い回しを変えて表現しているだけあって、美白効果を望んで購入されても無駄買いになるリスクが高くなります。

 最新のメンズ美白化粧品ランキングはこちら

美白化粧品は「予防」が第一

美白化粧品に限らず、シワやたるみといった症状に対するアンチエイジング化粧品、ニキビ用・アクネ用化粧品などに言えることではありますが、これらは全て「予防」として使っていくことが大前提となります。

いずれ必ず起こり得る老化現象を、症状が起こった後に慌ててケアしても、それを治すことは困難です。ただ、それ以降の症状に対する予防にはなるため、アンチエイジング自体に「遅すぎる」といったことはありません。

また、「予防として使っていく」=「安全性」が必ず求められます。長く使う化粧品ですから一定の安全性が伴っていなければ化粧品として本末転倒です。

その前提があれば、ピーリングという肌に負担をかける薬剤を美白目的で使うというのは非常にナンセンスであることがわかります。

ピーリングは諸刃の剣

ピーリングは非常に便利です。古く、硬くなった角質を柔軟にして洗い落とすことが可能。角質肥厚(乾燥や酸化によって皮膚が硬化して折り重なる症状)の予防になるためニキビやくすみの予防になります。

ただ、これはたまにやるから効果があるのであって、デイリーで使っていくものではありません。肌にピーリング剤を擦り付けながら、物理的に汚れをかき出す行為です。イメージはヤスリです。肌に負担がかかり、肌荒れ等を誘発します。

使用後はとても肌がツルツルになった気がしますが、角層が傷つき肌の保湿力が奪われ乾燥傾向になります。ただ、即効性が高いため、「最後の手段」として使用するには効果的です。

まとめ

ピーリングによる美白効果はありません。

ただ、シミやくすみの予防にはなります。

それでも、毎日行うものではなく、危険性については必ず理解しておかなければいけません。大事なイベントがあり、どうしても肌を綺麗に見せたいときなど、特別なときだけ使いましょう。

 最新メンズコスメランキングはこちら

2015年6月11日 市販のピーリングゲルで美白になることはある? はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。