ビタミンCを摂ってもニキビや肌荒れが治らない理由

「抗酸化作用のあるビタミンCを摂ればニキビに効く!」

そんなことを聞いたことがある方は非常に多いと思います。しかし、ビタミンCを摂ればニキビが治るということではなく、総合的に私たちの体内でビタミンが欠乏しているためニキビや肌荒れが起きていると考えた方がいいでしょう。

洋食文化が急速に広まり、野菜を皮付きで食べたり、玄米や果物、顎を使う機会が減少しました。その代替として、脂っこいものやお菓子、肉、軟らかいものばかりを摂るようになりました。

単純にビタミンが欠乏していることもそうですが、食物繊維や発酵食品から得られる乳酸菌類なども欠乏しているというデータがあります。便秘に伴うニキビも最近ではよく聞かれます。一つの影響によってニキビが起こるということはなく、その対処法としても総合的な対策を取る必要があるのです。

活性酸素を除去するビタミンは毎日摂取する

とは言っても、ビタミンを摂らなくていいということではありません。ビタミンは体の中で摂り溜めすることができず、毎日排出されてしまうため、基本的には日々摂取する必要があります。

特にビタミンは体を酸化(腐敗)させる活性酸素を除去する力があります。活性酸素はニキビや肌荒れの元となる過酸化脂質を生成してしまうため、ニキビ用化粧品などには抗酸化作用の成分を配合している場合がほとんどです。

ビタミンE

食べ盛りの男性や肥満傾向にある男性の場合、皮脂の量が過剰であったり、汗が脂っぽいという方が多いと思いますが、このベタついた分泌物は放置していると肌の上で酸化してしまい、肌荒れやニキビを発症させてしまいます。

これを防ぐ働きがあるのがビタミンEです。ビタミンEは「若返りビタミン」と言われており、脂の酸化を防ぐ、強い抗酸化力があります。この力を高めるのがビタミンCであり、相互に摂取することでビタミンEの抗酸化力がさらに強くなります。ビタミンEは熱に弱いためできるだけ生の状態で摂取することがポイントです。

ビタミンC

ビタミンCはとても強い抗酸化力を持った代表的な抗酸化成分です。特徴としては、食事や錠剤として体に摂り入れなくても、化粧品のように体の外側から塗布することでも傷ついた細胞を再生させることができます。

また化粧品でなくとも、レモン汁を漬けたタオルで体や顔の皮膚をマッサージするだけでもビタミンCの抗酸化力が直接皮脂腺に作用し、殺菌・抗菌・肌の再生を行ってくれます。活性酸素や紫外線によって傷つけられた肌を修復し、また加齢臭なども予防することができます。もちろんこれはビタミンC誘導体が配合された化粧品においても同様です。

 ニキビ予防化粧品の効果・効用を徹底比較まとめ

ビタミンE、ビタミンCを多く含んだ食品

ビタミンE

 野菜類

アスパラガス、アボカド、かぼちゃ、さつまいも、大根の葉、たけのこ、ニラ、ほうれん草、春菊

 魚介類

うなぎ、カレイ、鮭、サバ、ししゃも、いくら、ブリ、ホタテ、マグロ

 果物

キウイ、ブルーベリー、プルーン

 その他

玄米、胚芽米、アーモンド、ピーナッツ、コーン油、菜種油、ヒマワリ油

ビタミンC

 野菜類

パセリ、ブロッコリー、芽キャベツ、ししとう、ピーマン、小松菜、ほうれん草、シソ葉、サヤエンドウ、アサツキ、チンゲン菜、わけぎ、葉ネギ、ニラ、春菊、トマト

 果物

アセロラ、イチゴ、キウイ、甘柿、ネーブル、レモン、オレンジ、夏みかん、グレープフルーツ、はっさく、みかん

2015年7月31日 ビタミンCを摂ってもニキビや肌荒れが治らない理由 はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。