ニキビはうつる?アクネ菌の感染を予防する為にできること

ニキビの元となる「アクネ菌」は、誰の肌の上にも存在する常在菌の一種です。

「菌」と聞くと不衛生な印象が持たれますが、常在菌の活動によって肌は健康な状態を保っているため、むしろ菌が適度に存在している方が肌として適正な活動が行えます。その菌が活動するための環境が整わなければ、ニキビや肌荒れの原因となるのです。

男性であればあまりそのリスクは高くありませんが、女性の場合はスポンジやブラシなど化粧道具を友人間で貸し借りする場面があると思います。そういった際にこのアクネ菌の交換が行われ、ニキビが感染する可能性があります。

清潔な肌同士なら菌が移っても大丈夫じゃないの?

アクネ菌は化粧道具の貸し借りなどで簡単に感染します。アクネ菌自体は無害なので、菌の感染が肌に悪影響を及ぼすわけではありませんが、あまり好まれた行為ではありません。

アクネ菌よりも酵母(カビ)の感染の方が問題

最近は化粧品の使いすぎ洗顔による洗いすぎによって、アクネ菌が肌の上に存在しない「無菌」状態が問題になっています。無菌になると肌の免疫力が著しく低下し、むしろ菌による影響を受けやすくなるのです。

それを避けるためにまた化粧品を使って、一生懸命洗顔をして・・・

この繰り返しで、肌が肌として能力を発揮できず、代謝活動もおぼつかない、薄っぺらい皮膚が誕生します。すると、酵母(カビ)が発生し、皮膚が傷つきやすくなるのです。

アクネ菌の感染よりも、この酵母(カビ)の感染の方が問題で、一生懸命肌を清潔に保っているつもりの人ほど肌は無菌状態にあるため危険性が高いのです。

どちらにしろ化粧道具の交換や、使ったタオル肌に密着するものの共有は好まれる行為ではありません。

towel

特に「菌」というのは、自分自身のオーダーメイドとして働いているものなので、自分以外の肌の上では毒性・繁殖率というのは大きいと言われています。

我々人間に置き換えてみるとわかりやすいでしょう。家族以外の人間がいきなり今日から同じ空間に住まうことになったというと、心の中は穏やかではないですよね。

他人のアクネ菌が自分の肌の上に感染すると、繁殖率はさらに増しニキビや肌荒れが起きるリスクは高くなります。メイク道具の貸し借りは、お互いのためにも控えた方がよさそうです。

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。