シルバーエッセンスと&GINOアクアモイスを比較!30~40代男性に人気のメンズコスメ

シルバーエッセンスと&GINOアクアモイス 選ぶならどっち?

s-ghikaku30~40代男性に人気があり、高機能成分を多く含んだ両メンズコスメを検証します。

三大美容成分プラセンタを配合したシルバーエッセンスに、大量の美容成分を濃縮した高濃密化粧品アクアモイス、どちらも捨てがたいですが辛口評価で比較していきます。

個々のレビューについてはコチラで確認できます。

 母の滴シルバーエッセンス評価レポート
 &GINOアクアモイス評価レポート

評価比較早見表

化粧品 シルバーエッセンス アクアモイス
単品価格 ¥2,592 ¥5,184
セット価格
購入特典
■3本同時購入で5%OFF+送料無料 ■3本同時購入で+1本無料プレゼント
■10,000円以上購入で送料無料
送料 540円 540円
内容量 100ml 50ml
使用目安
(毎日朝夜使用)
2.0ヶ月 2ヶ月
形状 液状 液状
タイプ オールインワン オールインワン
1ヶ月のコスト ¥1,296 ¥2,592
保湿成分 S-ヒアルロン酸
コラーゲン
スフィンゴ脂質
ヒアルロン酸
コラーゲン
保湿持続時間 約3~6時間程度 約3~6時間
使用箇所 全身
ニキビ・肌荒れ効果 有り 無し
ニオイ ブルガリア・ダマスクローズ 無香料
持ち運び 不可 ボトル式&プッシュ式のため持ち運び可
価格で分析

価格は、オールインワンとしても、プラセンタ配合化粧品としても、シルバーエッセンスの大勝利です。

化粧品は“安かろう悪かろう”が顕著ですので、管理人も当初このシルバーエッセンスについて懐疑的だったのですが、正直シルバーエッセンスがなぜこの激安価格で販売できるのか未だに謎です…

一ヶ月あたりの価格も、送料についても低価格で抑えられます。使用目安は2ヶ月。1ヶ月あたりの価格は1,200円にまで下がります。アクアモイスと比較すると1,500円の差が出てしまいます。年換算すると17,000円以上の差に。長く使用していく上では決して軽視できないポイントです。

また、価格を分析する上で保湿成分についても検証しなければいけません。1回あたりの塗布量や使用頻度が多ければ結果的にコスパが悪くなってしまうからです。保湿成分の比較については後述していますが、これはどちらも平均以上の保湿性を備えていますので安心してください。ほぼ使用目安通り(1本あたり2ヶ月)で使い終えることができます。

 シルバーエッセンスの割引情報をチェック

形状で比較

液状タイプの両化粧品ですが、アクアモイスの方がシルバーエッセンスに比べ粘性を備えています。ジェルタイプが苦手で液状タイプから化粧品を選びたい場合は、このように粘度がある方が肌に伸び負担がかかりにくく、使い心地もいいでしょう。

シルバーエッセンスの場合はサラッとしているので、手で伸ばしにくい欠点があります。細かいところに届きにくいため使用当初は塗りムラが出てしまうこともあります。慣れれば大した問題ではありません。

シルバーエッセンス全成分表示(公式HPより)

水、センチフォリアバラ花水、BG、グリセリン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa) コポリマー、スクワラン、ポリソルベート60、グリチルリチン酸2K、アラントイン、プラセンタエキス(ウマ)、サイタイエキス(ウマ)、ヒトオリゴペプチド-1、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、ポリグルタミン酸、銀、ダマスクバラ花油、アルゲエキス、ポリ-γ-グルタミン酸Na、キハダ樹皮エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、ダイズ種子エキス、エタノール

アクアモイス全成分表示(公式HPより)

水、プロパンジオール、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、シラントリオールアルギニン、10-ヒドロキシデカン酸、1,10-デカンジオール、セバシン酸、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、白金、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、アセチルヒアルロン酸Na、コンドロイチン硫酸Na、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、アーチチョーク葉エキス、アスコルビルリン酸Na、トコフェリルリン酸Na、チャ葉エキス、ダイズ種子エキス、メチルヘスペリジンカルコン、ジペプチド-2、パルミトイルテトラペプチド-7、アセチルテトラペプチド-5、グリチルリチン酸2K、クリサンテルムインジクムエキス、パルミトイルトリペプチド-38、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、スフィンゴ脂質、リン脂質、ハマメリス葉エキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、ユキノシタエキス、カフェイン、カンゾウ根エキス、オウゴン根エキス、プルーン分解物、ネムノキ樹皮エキス、グリセリルグルコシド、アスパラギン酸Na、フェニルアラニン、グアニル酸2Na、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グルタミン酸、アラントイン、イソロイシン、アルギニン、トレオニン、リシンHCl、チロシン、アラニン、ロイシン、グリシン、タウリン、プロリン、セリン、バリン、クエン酸、クエン酸Na、ステアレス-20、セルロースガム、炭酸水素Na、フェノキシエタノール

保湿成分で比較

保湿成分は両者とも平均以上の有効成分を備え、乾燥肌対策として使用可能です。
アクアモイスはオールインワンですが乳液やクリームの割合(油分)が多い印象です。冬場で乾燥が気になるようでしたらアクアモイス、通年で利用できるのはシルバーエッセンスという印象です。

なお、「保湿=乳液・クリーム」ではないのでご注意を。「保湿=保湿成分」です。化粧品の種類ではなく、きちんと保湿成分の有無を確認してください。

肌荒れ・ニキビ対策で比較

シルバーエッセンスは肌荒れやニキビなど、肌の上の菌が繁殖しやすい状態(アルカリ性の状態)を正常値(弱酸性)に戻す働きがあります。それを可能にしているのは配合されている「シルバー=銀」で、森林の16倍以上のマイナスイオンが含まれPh値を安定させる効果が期待できます。

これは何か特殊な成分を利用しているわけではなく自然作用なので、非常にゆっくりですがかなり安全に副作用なく肌荒れを治癒していくことができます。

アクアモイスは油分が多く乳液・クリームの割合が多いため、肌荒れやニキビ上に使用すると余計に悪化させる可能性があります。公式サイトでも肌荒れやニキビの効果については謳っていません。アクアモイスの使用を検討している方は、注意してください。

ニオイで比較

シルバーエッセンスには約2600本のバラから1CCしか抽出できないと言われている貴重な天然ローズオイル「ブルガリア・ダマスクローズ」が含まれています。メンズコスメでローズを使用している例はあまりありませんが、昨今バラが持つ美肌効果に対する関心が高まっています。ローズの香りを嗅いだあとの脳を測定すると、鎮静作用があること分かり、さらにホルモンバランスを整える効果があるという研究結果が出ました。

特にオイリーや肌荒れでお悩みの方は、心理的要因(ストレス)が大きく影響しているため、このバラが化粧品に含まれることが非常に多くなり、その効果が期待できるでしょう。

対するアクアモイスは「無香料」とはいうものの、
明らかにニオイはあります。(しかもクサイ)
ツンとくるアルコールに似たニオイです。こもってニオイ続けるわけではなく、数分もすれば飛んでいくので気にならない人は問題ないのですが、気持ちがいいものではありません。

確かに香料は使用せず、成分独自の匂いであるため、記載内容に誤りはありませんが口コミを見ると私のように気になる方もいるみたいです。「無香料」と「無臭」は異なるので注意してください。

 シルバーエッセンスに含まれるブルガリアダマスクローズの効果とは

持ち運び易さで比較

乾燥が気になる季節の外出時や、泊まりがけの出張の時などに持ち運びできる化粧品を考えている場合、アクアモイスは非常に携帯性に優れています。
プッシュ式で、ボトルタイプなので、仮にカバンの中で蓋が外れても液漏れの心配はなく、重い荷物にかさばってもチューブ式のもののように破裂する心配もありません。

aquamoix001

対するシルバーエッセンスは意外とチープなアルミ缶容器、あまり神経質になる必要はありませんが衝撃でつぶれる可能性もあります。またプッシュ式ではないため、キャップが外れると中身は液漏れすることも考えられます。

silver0

お気に入りは決まりましたか??

s-ghikaku私が個人的によく使っているのはシルバーエッセンスです。

理由は、香り利便性です。
ローズの香りは嗅ぐだけで美肌効果があるとさえ言われており、リラックス効果もあります。また全身に使用可能で、さらに肌質も選ばないとあって、長く付き合っていけるという点が私にとって高評価でした。

そして何と言っても値段
やはり使うからには長く付き合っていきたいですから、1ヶ月あたり1000円弱に抑えられるシルバーエッセンスは本当に助かります。

アクアモイスは性能の高さは確かなのですが、コスパの悪さがどうしても懸念点。また個人的に気になるのはニオイ。どうしても好きになれませんでした…。しかし携帯性に富み、持っていて女子ウケがいいのはアクアモイスですね。

どちらも一長一短。購入に際し参考になれば幸いです。

 シルバーエッセンスをもっと詳しく!詳細を確認
 アクアモイスをもっと詳しく!詳細を確認

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。