シミと骨粗鬆症どっちを守る?紫外線の驚異と恩恵を知り正しく日光浴しよう

summer

今更、声高らかに言うことではありませんが、紫外線は肌のシミを作る原因の一つです。最近では、ゴミを出すにも日焼け止め、洗濯物を干すのにも日焼け止め、出かけるときは日傘に帽子にストールに…何かと過剰に防御されておられる“意識の高い”女性たちを見かけます。

しかしこれによって確かに紫外線は守れていますが、体内部はぼろぼろになっているのをご存知でしょうか。

紫外線守りすぎて骨粗鬆症の患者が急増

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは、簡単に言うと骨がスカスカになってしまうことをいいます。
骨の太さは変わらず、密度が薄くなり、まるで麩菓子のような骨になってしまう症状です。

なぜ紫外線から身を守りすぎると骨粗鬆症になってしまうかというと、ビタミンDが不足しているからです。

人間は紫外線を浴びることでのみ体内でビタミンDを生成することができます。食品から得ることも可能ですが、鮭や秋刀魚、カレイなどの魚類に多く含まれているため、毎日安定的に摂取することは難しく、更に体内で溜めておくことができないのが特徴です。

ビタミンDはカルシウムと共に摂取することで骨の強度を高めてくれる性質を持っています。カルシウムだけでは非常に吸収率が悪く、魚をあまり食べる習慣のない欧米ではミルクの中にビタミンDを添加し販売しています。

このビタミンDが不足することで、骨の強度がどんどん弱まり、骨粗鬆症患者が近年急激に増加しているというのです。また骨の強さはホルモンバランスと密接な関係があるので、女性であれば更年期障害を誘発したり、男性は加齢臭やストレスを感じやすくなります。

サウジアラビアの骨粗鬆症患者

サウジアラビアの女性は、外出時は黒いマントを羽織り紫外線を完全にカットしています。

sauji

なお、日本人も負けていません。

uv2

このサウジアラビアと同じ、赤道直下のシンガポールの女性の血中濃度からビタミンDの割合を調査したところ、シンガポールの女性の方がビタミンDの濃度が高いと報告されたそうです(日本骨代謝学会)
実際にサウジアラビアの骨粗鬆症患者は年々増え続け社会問題にも発展しています。

人ごとのように感じますが、日本人も自覚症状のない患者を含めて約1000万人が骨粗鬆症を発症していると言われています。しかもその8割が女性という結果です。

最近は男性化粧品市場が非常に勢いを見せているといいます(参考
とても嬉しいことですが、これによって世の日本男児が間違った紫外線の防御を始めれば、骨粗鬆症患者の割合が5:5に近づくのも遅くはありません。

そんな危機的状況を打破するために、私はあえて「紫外線を浴びよう!」と言いたいのです。

もちろん、紫外線を浴びることでシミやシワ、肌老化になるリスクは高まります。しかし、1日15分~30分程度の照射であれば人体には全く影響はなく、むしろビタミンDの生成が促され、健康的にも非常に良好になると皮膚科医や専門家の方は分析しています。

肌を守るか、身体内部を守るか、答えは明らかですが、女性たちには響きません。
せめて日本の男性たちは、紫外線をそんなに怖がらないでいただきたいと思います。

男のUVケアについてこちらでまとめましたので参考にしてください。

2015年5月2日 シミと骨粗鬆症どっちを守る?紫外線の驚異と恩恵を知り正しく日光浴しよう はコメントを受け付けていません。 紫外線対策はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。