【シミ•くすみ】男性化粧品で肌の色素を抜くことはできる?

biyoueki

シミやくすみは紫外線の影響や活性酸素の影響を受け、メラニンが余剰に生成されたことによってできる色素変化です。

このシミやくすみは、初期段階であれば消すことはできますが、作られてから時間が経過したものや、生まれつき(遺伝)あるものについては完全に消すことはできません。

厚生労働省が公表している、有効性があるとされている美白成分も、効果があるのは確かですが、市販化粧品からそれを体感できるものはほとんどないと言っても過言ではありません。

 本当に効果があるシミ・シワに効果がある美白化粧品ランキング

シミ・シワを消すには

シミ・シワを化粧品で消すことはできません。できたとしたらそれはシミやくすみではなく、乾燥によって皮膚が毛羽立って黒く見えていただけのもの、あるいは血流が悪くなり青っぽくなっていたものです。どちらにしろ、この場合は美白化粧品のおかげで改善したのではなく、生活習慣が改善されたか、保湿に重点を置いたスキンケアにシフトしたことが原因だと推測します。

また初期段階のシミ・くすみであれば希望はあります。レチノールは少々刺激を伴いますが、シミやくすみ、またコラーゲン生成にも働きかけるためたるみ改善にも効果があります。

その他、ナイアシン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどが効果がある有効成分です。

完全にシミ・くすみを消したい場合、化粧品ではなく、美容治療(レーザーなど)しかないと思ってください。どんなに高価な美白化粧品を使っても、実際に「シミが消えた」といった方には会ったことがありません。おそらく皆さんも薄々感じていることではないでしょうか。

アンチエイジングの基本は「予防」です。美容治療を受ける場合、それこそ膨大なお金が必要となります。そうならないために売られているのがアンチエイジング化粧品であって、症状が出てから慌てて塗りたくるものではないのです。

いつからアンチエイジング化粧品を使うべきなのか

肌のピークは20代と言われ、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった潤い成分が減少していき、ツヤやハリといったものが無くなっていきます。20代でも目元や額など部位によってシワが発生していきます。

また、活性酸素を除去する酵素(SOD)が30代を境に体内で作られなくなっていくため、シミやくすみなどが発生しやすくなります。蓄積されてきた紫外線の影響によるシミもこの頃から現れてきます。

従って、20代までは通常どおりの保湿重視のスキンケアを行い、食生活や生活習慣について怠らないように努めましょう。

30代以降は、継続可能な低刺激のアンチエイジング化粧品をスキンケアに盛り込み、しっかりと予防に努めましょう。「症状が現れてからでは遅い」ということを忘れないようにしてください。

 本当に効果があるシミ・シワに効果がある美白化粧品ランキング

2015年6月6日 【シミ•くすみ】男性化粧品で肌の色素を抜くことはできる? はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。