オールインワン化粧品を選ぶならゲルタイプ?液状タイプ?

化粧水・美容液・乳液・クリーム、これらを1つの化粧品に詰め込んだものを「オールインワン化粧品(又はコスメ)」と呼んでいます。

今では化粧下地や日焼け止めも兼ねたもの、逆に乳液やクリームを省いたものも現れ、オールインワンの定義がバラバラになりつつあります。

肌にいい・悪いがよく取り沙汰されますが、個人的な見解としては、
「オールインワンは決して肌に悪くは無い!」と思っています。(「肌にいい」とは言っていません。笑)

その中で「コットンorハンドケア」論争と並んでよく議論に挙がる「化粧品はゲルor液体?」論争について、どちらが肌に優しく効率的か調べてみました。

液体タイプのオールインワン化粧品

例えばシルバーエッセンスやアクアモイスは液状タイプのオールインワン化粧品です。

液状タイプのメリット

・水分割合が多いため、ビタミンC誘導体を多く配合することができる
・水溶性の抗酸化成分(オウゴンエキス・リコピン・グレープシードエキスなど)が多く含まれている

液状タイプのデメリット

・保湿成分の割合が少ない
・耳の裏、首筋、付け根など細部へなじませるのが困難、塗りムラができやすい
・肌に触れる時間が長くなるのでミクロ単位で肌に傷が付き赤ら顔の原因に

デメリットはメリットに

・ワセリンなどで薄く上塗りすることで保湿力をカバー
・コットンを使えば塗りムラは抑えられる
・スピードアップ!腕を磨いてください!

液体タイプのオールインワン化粧品

例えばZIGENメンズPOLAマージェンスはゲルタイプのオールインワン化粧品です。

ゲルタイプのメリット

・保湿力が高い
・手とゲルの隙間がクッション剤の役割になるため低刺激
・手からこぼれないので耳の裏、首筋、付け根など細部へなじませるのが簡単

ゲルタイプのデメリット

・界面活性剤入りのものが多い

デメリットはメリットに

・ZIGENには一切界面活性剤は使用されていません。
・POLAマージェンスには界面活性剤が含まれていますが、HP上で使用している界面活性剤の安全性について説明がされています(詳細

「ベトつくのではないか?」ということがよく言われますが、ゲルの方がベトつかず、むしろ清涼感を得られます。実はゲルタイプの化粧品はこれといったデメリットがありません。

どっちを選べばいいの?

判断基準としては、最終段階のアプローチで構わないと思います。
「これがいい!」と思ったものが液状タイプだからといって判断を躊躇するようなものでもありませんし、ジェルタイプ全てが安全というものでもありません。

最終的に手に取った2つが液状とゲルの化粧品だった時に、参考にして頂ければいいと思います。

2015年4月19日 オールインワン化粧品を選ぶならゲルタイプ?液状タイプ? はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。