オナニーのやりすぎによる肌荒れ・ニキビの危険性、男性ホルモンとの関係

『お!バカな記事を見つけた!!』とお思いですか?残念ながらここではあなたの期待する内容やエッチな画像はありません。「オナニー」と「スキンケア」を無理やりに結び付け、ガチ真面目に解説した結構長い記事です。とは言っても、少しでも興味があって開いていただいたと思うので、最初に結論だけお話しておきます。

オナニーをやりすぎることによる肌荒れやニキビの関係は様々な見解がありますが、9割9分無関係です。肌トラブルは食生活や間違ったスキンケアで引き起こされるもので、オナニーや性行為などが影響することはありません。

知り合いの皮膚科医に「オナニーをし過ぎることによって肌荒れやニキビが起こることはあるか」と率直に投げかけてみた際も、「オナニーによって鉄分や亜鉛が減少することはあるが、それが肌荒れやニキビに関係するものとは言えない」ということでした。

また「SEXをしている人ほど綺麗だ」ということもよく聞きますよね。SEXとオナニーは科学的には同じ行為であるとされています。こうした矛盾の見解もあることから、肌荒れやニキビを本気で治したい場合、しっかりとした食生活やスキンケアという根本を考えるべきではないでしょうか。

男性ホルモンとの関係性

オナニーをし過ぎることによって男性ホルモンが増加するのではないか?

という都市伝説も多く語られています。男性ホルモンは皮脂腺に働きかけるため、10代から20代のホルモンバランスが安定しない時期というのはオイリー肌・思春期ニキビで悩まれる方が急増します。また、30代以降になるとストレスを溜め込むことによって男性ホルモンが増え、体臭・加齢臭が増えたり、大人ニキビで悩まれる方も多くなります。このように男性ホルモンが増えることはスキンケアや体臭を語る上では切っても切れない関係にあります。ただ、これがオナニーと関係があるかというとそうではありません。

『オナニーに関する研究』という論文によると、

 オナニー(射精)によって男性ホルモン(テストステロン)濃度に変化はなかった
 オナ禁(禁欲)によって男性ホルモンは増加した

とあります。
オナニーをすることより、むしろオナ禁(自慰行為を禁ずる)によることが男性ホルモン増加につながるという驚きの結果が現れたのです。

ただ、オナニーによって、虚無感、倦怠感、また極度の疲労感を覚えるため、やりすぎが精神健康上有用性があるとは言い難い側面もあることを覚えておきましょう。

SEXによってストレスが大きく緩和される

cuple

ハグによる驚きの美肌効果については以前解説しましたが、1日の中でハグをする相手がいるかいないかで、人間が蓄積するストレスの度合いに大きな開きがあると言います。

ニキビや肌荒れが慢性的になっている方、大人ニキビができやすい方の多くは、仕事やプライベートの中でのストレスが大きな原因になっていると言いますが、このハグやSEXによって1日の3分の1のストレスが緩和されると言います。

SEXとオナニーで得られる効果は科学的には全く同じもの

「SEXをたくさんしている人は綺麗だ」ということはよく聞きますが、科学的にSEXとオナニーは同じ分類だとされており、またハグをする相手は“ヒト”でなくても、心が落ち着く抱きマクラぬいぐるみペットでも同じ効果があるとされています。女性も、SEXをしていない孤独感が強い男性よりも、常にSEXをしているいわゆる“プレイボーイ”を本能的に選んでしまう性質があります。ハグやSEXを日常的に行える方というのはそれだけ精神的に余裕があり、自分の心だけに作用されるものではなく、周りにも影響を与えるものなのです。

オナニーも、「自慰」と表現されるように、自分の存在を確認でき、また自分にしかメリットがない行為から、自我の形成に大きく貢献されるといいます。背徳感を覚え、自尊心が高まったり、うつ病を緩和させる目的でも効果があるとされています。ストレスが原因による肌トラブルについては、オナニーはむしろ効果があるのかもしれません。

オナニーのやりすぎを心配するより、スキンケアそのものを見直す

自分の食生活や生活リズム、スキンケアについて変えることはなかなか難しいとされており、見ようともしません。しかしオナニーなどの性行為については、ある種の罪悪感・背徳感があるためそこに責任をなすりつけ、自分で納得しようとしてしまいます。オナニーや射精が肌荒れやニキビと関係することは、もちろん可能性としてゼロではありませんが、それは食生活・生活環境・スキンケアについて胸を張って「自信がある」と答えられる方だけが見るべきポイントです。

肌荒れやニキビが気になる場合の優先順位としては、第一に体の中に取り入れる食事、第二にデイリーの基礎化粧品によるスキンケアという順になります。それでもダメな場合に病院に行きましょう。肌荒れやニキビの原因は「治し方」について理解していれば、オナニーがそれと起因していないことが分かるはずです。ただ、何についても「やりすぎ」にメリットがあることはありませんので無関係だと分かっていても過度なオナニーや性行為は慎むようにした方がよさそうです。

2015年8月12日 オナニーのやりすぎによる肌荒れ・ニキビの危険性、男性ホルモンとの関係 はコメントを受け付けていません。 スキンケア

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。