乾燥・肌荒れを起こしやすい男性の口周りのケア方法

毎日必ず行うシェービング。「肌に刃を当てる」ということに対して世間の方は非常に軽視されている印象を受けます。

シェーバーが発達し、シェービングローションが流通するようになり、安全になったとは言え、ヒゲを剃るということは直接的に肌を傷つける行為です。毎日やるからこそしっかりとしたアフターケアが必要です。また皮脂が根こそぎ落とされるため口周りは常に乾燥と隣り合わせ。乾燥対策と、デイリーのケアは必須です。

シェービングは行うタイミング

シェービングをやるタイミングは、「洗顔前の、出かける前」がベストです。

起きてまずヒゲを剃るという方もいらっしゃいますが、あまりよくありません。起き抜けの肌は非常に乾燥しており、その上に刃を当てると思わぬ肌トラブルの原因となります。起きてまず軽く水洗いで済ませ、ゆっくり朝食を済ませた後、出かける前にヒゲを剃るようにしましょう。

当たり前ですが、シェービングの回数は少なければ少ないほどいいです。休みの日、外出の予定が無ければむやみにシェービングをする必要はありません。

口周りは乾燥しやすく保湿を保ちにくい

口元は男女問わず乾燥しやすい部位です。オイリー肌の人でも「口元が特にベトベトして…」と悩んでいる方はあまり聞きません。

また男性の場合は毎日シェービングを行うため、より乾燥しやすい土台が出来上がっています。乾燥を放置すればニキビや肌荒れの原因。髭が濃い人ほど口周りに赤いブツブツができているのはそういったことからです。

リップクリームで保湿

口元の中で最も乾燥しやすいのは唇。角質が薄く皮脂を分泌できない唇は非常に乾燥しやすいパーツです。こまめにリップクリームで保湿しましょう。特に見落としがちなのが紫外線による唇の乾燥です。日焼け止め機能を備えたリップクリームについても発売されているので季節によって使い分けるといいでしょう。

ワセリンで保湿

正確に言うとワセリンで保湿ができるわけではありません。ワセリンは耐水性に優れた強力な油です。従ってかなりテカリます。唇を舐めてしまう癖がある人にとっては、耐水性があるため「舐め防止」にもつながるため有効です。

アフターシェーブローションはあまり効果がない

シェービング後のケアで、アフターシェーブローションを使われるている方も多いと思いますが、期待する効果が得られる商品が意外と少ないのです。低刺激で保湿に優れた美容液を使われる方が経済的にも、持ち合わせる化粧品が1本で済むため効率的です。

美容液で保湿

保湿効果のある美容液、特にセラミドを配合した化粧品であれば保湿効果はもとより、使い続けることで「乾燥しにくい肌」を作ることができます。継続使用と今後の維持管理の面でも効果的です。
 セラミド配合メンズ化粧品を見る

女性は男性の口元を見ている!

kuchimoto女性は男性の顔をよく見ています。特に肌の綺麗さについてはよく観察しています。

乾燥・肌荒れ・ニキビ・テカリ、非常によく見ています。なぜなら自分がきっちりやっているからです。

例えば「靴磨き」。

デキル男の象徴ですが、靴を日常的に磨いている人は、他人の靴をよく見ます。逆に全く靴を磨かない人は、きれいな靴に目も行きません。靴を磨いている人から見た、磨いていない人の印象は非常に悪いですが、逆の場合は何の印象も与えません。

これと同じで、日常的に肌のお手入れに余念の無い女子にとって、男性に求める肌のレベルは意外にも高いのです。

従って特に乾燥しがちで目立ちやすい口元は要注意。
また、女性と関係があったときに触れ合う部分でもあるため非常によく見ています。

「見られている!」という意識をもって、口元のケアに励んでみてはいかがでしょうか??

2015年3月31日 乾燥・肌荒れを起こしやすい男性の口周りのケア方法 はコメントを受け付けていません。 乾燥肌の方はコチラ

コスメボーイからのお願い。

当サイト「メンズコスメ比較ランキング」には大変ありがたいことに、毎日3000人近い読者様にお越しいただいております。 その読者様からの通報にて最近、サイト記事や画像の無断転用・無断引用・無断加工があることを発覚しました。 こうした盗用の他、あきらかな記事のリライト(書き直し)、サイト構造の模倣なども把握しています。 これらは全て著作権法第119条における「法律違反」であり、最高10年以下の懲役、1000万円以下の罰金が処される事例です。こうした行為はSEO上、双方にとっても何もメリットが無く、本当に情報を求められている読者様に直接被害が及び、当サイトからもスキンケア情報を提供できなくなってしまいます。本警告にも応じない場合は然るべき対応をとらさせていただきます。